元気や笑顔をくれた人たち

中日と阪神の選手、試合前に義援金募る          2016年4月16、17日

プロ野球中日と阪神の選手会は、16日のナゴヤドームでの試合前に熊本地震被災地への義援金募金を行いました。球場ゲートのあるコンコースに中日の若松、福谷、田島選手、阪神の藤浪、能見、高橋選手が並び、ファンに協力を呼びかけました。

17日には熊本市東区に実家がある阪神タイガースの岩貞祐太投手が、チームメートや中日の選手たちとともに募金を呼びかけました。入場ゲート横で募金を呼びかけた岩貞さんは、募金に列を作るファンに「本当にありがたい」と感謝していました。

中日選手会と球団、ナゴヤドームは4月20日、熊本地震被災地への義援金を中日新聞社会事業団に寄託しました。15~17日の阪神3連戦前に中日、阪神の両選手会が行った募金活動に寄せられた239万9335円を合わせた計539万9335円を贈ります。

エントリー