元気や笑顔をくれた人たち

宇土市出身の鹿島・植田が被災地入り 小笠原らと避難所へ    2016年4月18日

宇土市出身でサッカーU-23日本代表DFの鹿島所属、植田直通選手が18日、救援物資を持参して熊本入りし、チームメートのMF小笠原らとともに避難所を回りました。

上田選手は「大変なのはこれからだと思う」と話し「僕らが(元気を)もらうんじゃなくて、与えなきゃいけない」と話しました。

エントリー