元気や笑顔をくれた人たち

和田騎手が200万円、石川騎手ら6人は300万円寄付   2016年4月18、21日

JRAの和田竜二騎手が、日本赤十字社を通じて熊本地震の被災地支援として金200万円を寄付しました。和田騎手は通算勝利100勝のたびに京都府京丹後市の児童養護施設の子どもたちへの支援を続けてきました。「少しでも何かできれば」という思いから寄付を思いついたということです。

和田騎手に続き、JRA競馬学校第30期生の石川裕紀人、井上敏樹、木幡初也、小崎綾也、松若風馬、義英真の6騎手も21日、熊本地震の被災地支援のため、300万円を寄付しました。和田選手の寄付を知り、「先輩に続いて、自分たちもできることをさせていただきたい」と話し合って寄付を決めました。

エントリー