熊本城と加藤清正

熊本城マラソン受付開始 参加賞は天守閣の瓦        2017年2月17日

0217MARAa.jpg熊本城マラソンに出場するランナーの受け付けが、熊本市中央区の辛島公園で始まりました。

熊本城おもてなし武将隊が「いざ出陣じゃ!」と声をあげると、参加者から大きな拍手がわきました。今年の熊本城マラソンはフルマラソンと30キロロードレースのほか、約3キロを走る「復興チャレンジファンラン」が新設され、抽選で参加権を得た1万3500人が熊本の街を駆け抜けます。

0217MARA2_R.jpg今年は参加賞に地震で被災した熊本城の天守閣の瓦の一部が用意されました(写真右)。会場には「がまだすばい(がんばるぞ)」の大きな文字が描かれたメッセージボードも設けられ、参加者が思い思いのメッセージを書いていました。

受け付けに来場した参加者は「復興の年に走れるというのは、がんばろうという力が一層湧くような気がします」「(地震で)大変な目に遭いましたが、この熊本で走れるということがすごくうれしい」と笑顔を見せていました。香港から参加するというランナーは「マラソンに参加して熊本市民を応援したいと思います」と話しました。

エントリー