熊本城と加藤清正

熊本城マラソン 早期復旧に願い込め1万3300人が力走       2017年2月19日

熊本地震後初の開催となった第6回熊本城マラソンは2月19日、快晴の下開かれ、1万3300人が力走。沿道から過去最高の23万人が応援し、熊本が復興に向けてひとつになりました。

熊本城マラソンを走ったランナーの中から、地震で被災した美容室の再建にかける店主、被災した御船町の小学校の先生、地震で散り散りになる女子サッカー・益城ルネサンスの元選手に密着し、マラソンにかける思いを特集しました(2017年2月21日放送)

スターターを務めた熊本市の大西一史市長は最後のランナーがふらふらになってゴールするのを出迎えました。大西市長は閉会のあいさつでは感極まる場面もありました。

エントリー