熊本城と加藤清正

熊本城ライトアップ再開 シンボル復活に市民から歓声       2016年6月1日

160601LIGHTUPA.jpg

熊本地震の発生以来約1か月半にわたって停止されていた熊本城のライトアップが1日、再開されました。

熊本城は4月16日未明の「本震」で電気設備が故障し、全面的に停電しました。熊本市に対しては早くライトアップを再開してほしいとの声が多く寄せられ、設備の復旧と安全性が確認されたことから、天守閣と長塀のライトアップが可能になりました。天守閣の屋根瓦がほとんど落ちるなど、照らされた天守閣は痛々しい姿にも見えますが、大西一史市長は復興に向けた「希望のともしび」になればとの願いを込めたといいます。

午後8時、熊本のシンボルが夜空に浮かびあがると、市の中心部から見上げた通行人から歓声があがり、市民からは「うれしいですね、よかったです」「少し安心もするし、早く元通りになってほしいなというふうに思いますね」などの声が聞かれました。ライトアップは2日以降、毎日午後8時から午後11時まで行われます。

160601LIGHTUPB.jpg

エントリー