熊本城と加藤清正

佐田の海関、一口城主に 「天が示し合わせた」        2016年3月31日

160331SADANOUMI_R.jpg

熊本市出身の力士で西の前頭9枚目、佐田の海関が難攻不落といわれる熊本城の「一口城主」になり、今後の活躍を誓いました。

佐田の海関は熊本城おもてなし武将隊の「加藤清正」さんとのブログでの交流がきっかけで熊本城を訪れ、自身の応援大使に武将隊を任命しました。

佐田の海関は「熊本城は落ちない城といわれて縁起がいいのですごくうれしい」と話しました。おもてなし武将隊の加藤清正さんは「(ブログに)佐田の海関のことを書いた時に、それを見てくれたという偶然は、まことに天が示しあわせてくれたのではないかと思う」とうれしそうでした。

この日、天守閣前では床山さんに大銀杏(おおいちょう)を結ってもらう「髪結い」も披露され、ファンから拍手が送られていました。

エントリー