蛍丸を復元せよ!

岐阜県関市でも奉納鍛錬     2016年3月13日

160313=hotarutanren.png幻の宝刀「蛍丸」の復元を始める「奉納鍛錬」が、2月末の阿蘇神社に続いて、岐阜県関市でも行われました。

関市は復元にあたる福留房幸さん(31)と興梠(こうろき)房興さん(34)が修業した世界でも有数の刃物の産地で、福留さんの鍛錬場もあります。復元される3本の大太刀のうちの1本(影打)は、関市の関鍛冶伝承館に贈られることになっています。

160313hotaruseki1_R.JPG奉納鍛錬はその伝承館の鍛錬場で行われ、プロジェクトに出資した人や刀剣ファンなど、全国から約200人が集まりました。関鍛冶の守護神とされる春日神社の神主が復元作業の無事を祈願した後、刀の材料となる玉鋼(たまはがね)を打ちのばす「打始式」を行いました。一部の儀式には出資した人も参加しました。

プロジェクトの資金はインターネットで出資を募るクラウドファンディングという方式で集められ、3193人から4512万円が集まりました。これは地域振興を目的に行われた日本のクラウドファンディングプロジェクトでは、これまでのところ過去最高額ということです。

関鍛冶伝承館の情報は yubiyubi.png こちら

エントリー