くまもと温故知新

熊本市の小楠公園で巨大石碑の復旧工事        2017年1月27日

熊本出身で幕末の思想家、横井小楠(よこい・しょうなん、1809~69)の遺髪が埋葬された熊本市東区の小楠公園で、熊本地震で倒れた高さ5メートル、重さ13トンの石碑を引き起こす復旧作業が行われました。熊本市は2月の墓前祭までに小楠像や遺髪墓の修理を終わらせる考えです。

エントリー