くまもと温故知新

宇土の雨乞い大太鼓が県内初の重要有形民俗文化財に   2017年3月3日

amagoi_R.jpg宇土の雨乞い大太鼓と関連資料が、国指定重要有形民俗文化財に指定されることが国の文化審議会で決まりました。雨乞い大太鼓が重要有形民俗文化財に指定されるのは全国で初めてで、県内の文化財としても初の指定となります。

amagoi4_R.jpg雨乞い大太鼓はケヤキの大木をくりぬいて作ります。たたく面の直径が1メートルを超えるものもあり、木星(きぼし)と呼ばれる飾りでふちどられているのが特徴です。

宇土市では雨乞い祈願や農耕儀礼に用いるため江戸から明治時代につくられた29基を修復・保存してきました。台車に載せたり棒で担いだりして横から叩く「長胴太鼓」が26基、台車に吊り下げ上から叩く「ドラ太鼓」3基のほか、太鼓の胴に掛ける油単(ゆたん)やバチなどの関連資料も宇土市大太鼓収蔵館に収蔵しています。文化審議会では、全国で唯一、太鼓がまとまって残っていることが評価されました。

amagoiA.jpg宇土市の元松茂樹市長は「指定は本当にありがたい。いろんな場面にこの太鼓を持ち出して、一般の人に触れて、たたいていただく。これを積み重ねて、もっと宇土の太鼓、江戸の文化を後世に伝えるよう頑張っていかなければならないと思う」と話しました。

宇土市では夏の干ばつ時の雨乞いだけでなく、田植え後のサナブリや八朔の豊年祭りなどで大太鼓を叩き、降雨や豊作を祈願する行事が伝承されてきました。県内では宇土市以外でも大太鼓を使う雨乞いなどの儀式がありましたが、戦後にほとんど廃絶しています。

エントリー