くまもと「鉄」のページ

豊肥線、まず肥後大津~立野間の復旧工事に着手      2017年3月21日

170321houhiA.jpgJR九州の青柳俊彦社長は記者会見で、熊本地震で被災した豊肥線の復旧工事に4月から着手すると正式発表しました。4月1日に肥後大津駅近くに復旧事務所を設け、大規模な土砂崩落がない肥後大津~立野駅間の復旧工事を先行して進める予定です。

豊肥線は熊本地震以降、肥後大津~阿蘇駅間で不通のままとなっており、JR九州はバスによる代替輸送を行っています。青柳社長は「列車の復旧のことを考えると、立野までの区間が早めに復旧できると考えている」と述べました。全線開通時期はなお未定ですが、トンネルや橋など一体的に工事を進め、復旧を急ぎたいとしています。

ただ、土砂崩れに巻き込まれた区間の復旧は県による治山工事の完了が前提になります。立野~赤水間で起きた阿蘇大橋の崩落現場では、橋梁が損傷し、線路も大規模な斜面崩壊で跡形もなくなっています。この区間では国が復旧工事を進めていますが、治山工事のめどが立っておらず、運転再開までは最短でも1年はかかる見通しです。

エントリー