くまもと「鉄」のページ

南阿蘇鉄道復旧に向け 国の財政支援拡充を要望        2017年6月7日 

170607南阿蘇鉄道陳情_R.jpg南阿蘇鉄道再生協議会の会長を務める田嶋徹副知事(写真中央)と南阿蘇鉄道の社長を兼務する高森町の草村大成町長(写真左端)が国土交通省を訪れ、財政支援を求める要望書を手渡しました。田嶋会長は「東日本大震災並みの復旧に対する財政支援をお願いしたい。切なる要望です」と述べました。

南阿蘇鉄道は熊本地震で線路やトンネルが被災し、全線復旧には最大で70億円かかる見込みです。要望書では従来は復旧費の4分の1とされる国の負担割合を2分の1に引き上げ、地元の負担額を減らすよう求めています。国交省の担当者は「必要な支援についてしっかり検討していきたい」と話しました。

協議会は今後財政支援の裏付けとなる再建計画を取りまとめる方針です。

エントリー