top
開催日・開催場所
平成29年1月30日(月)  KKT本社 役員会議室
議 題
・平成28年12月28日(水) 放送 「共に前へ ~みんなde熊本 みんなのクマモト~」の合評
・視聴率の報告
・1月の視聴者の声
議事の概要

 KKTくまもと県民テレビの第348回放送番組審議会が1月30日に開かれました。
委員8人と同社幹部らが出席し、去年12月28日に放送した「共に前へ ~みんなde熊本 みんなのクマモト~」について合評しました。
 番組では、県内に大きな被害をもたらした熊本地震を中心に激動の2016年を回顧。熊本城内にある加藤神社や多くの被災者が暮らす益城町の仮設住宅などを中継で結び、年の瀬を迎えた被災地の表情や復興へのそれぞれの思いを伝えました。また、スタジオに防災士を招き、すぐに実践できる防災術について解説したほか、大雨や阿蘇中岳の噴火といった災害、公式確認60年の水俣病問題などを振り返りました。
 委員からは、「日常がいかに大切かを教えてくれた番組だった」、「地震の災害弱者のパートや水俣病60年は、問題意識を持った深い取材ができていた」と評価の声が上がりました。
 一方で、「2時間は長く感じた」、「今の課題についてふれておらず、これから先どうなるのかが見えなかった」といった厳しい指摘もありました。