top
開催日・開催場所
平成26年10月27日(月)  KKT本社 役員会議室
議 題
・9月18日(土)午後1時30分放送 現場発!「昔タレント、いま坊さん!~木下明水が伝えるホトケのココロ~」の合評
・視聴率の報告
・10月の視聴者の声
議事の概要

KKTくまもと県民テレビの第327回放送番組審議会が10月27日に開かれ、委員6人と同社幹部らが出席しました。合評番組は9月に放送した現場発!「昔タレント、いま坊さん!~木下明水が伝えるホトケのココロ~」です。
八代市の寺の副住職・木下明水さん(42)。見た目は普通のお坊さんですが、ラジオに出演して人生相談に応じたり、法要の際にカラオケや手品といった余興を演出したりするなど、独自のスタイルで様々なことに挑戦しています。
かつて「ジョビジョバ」というコントグループの一員として、舞台やテレビなどで活躍した異色の経歴を持つ木下さん。「お寺をもっと身近に感じてほしい」と自らの人生経験を活かしながら活動する姿に密着しました。
委員からは、「地元のテレビ局だからできた作品で、木下さんの人柄を引き出せていた」、「楽しく見ることができ、新しいお寺のあり方を探っているのが伝わった」と評価する意見が出ました。
一方で「芸能界から転身した事情や木下さんの気持ちの変化がわからなかった」、「家族や他のお坊さんも取材できるとよかった」などの指摘もありました。