top
開催日・開催場所
平成26年3月24日(月)  KKT本社 役員会議室
議 題
・2月15日(土)午後1時30分放送
 現場発!「現場発!キセキの音色」の合評
・視聴率の報告
・3月の視聴者の声
議事の概要
KKTくまもと県民テレビの第321回放送番組審議会が24日、委員7人と同社幹部らが出席して開かれました。
合評番組は、2月15日に放送した「現場発!キセキの音色」。去年、オーストリアで開かれた国際障害者ピアノフェスティバルで世界一に輝いた月足さおりさんは難病を抱えて生まれてきました。不自由な体でひたすら打ち込んできたピアノですが、病気が進行し今は左手だけでしか弾くことができなくなりました。しかし、障害があるからといって決してあきらめない月足さん。その原動力はどこにあるのでしょうか。
委員からは、「月足さんの生き方や明るさ、前向きな姿勢は胸を打つものがあった」、「取材力や編集力がすぐれていた」と内容を評価する意見が出ました。
一方で「受賞するまでにどんな努力や苦労をしたのかを知りたかった」「病気や音楽の評価についての説明が足りなかった」などの指摘もありました。