top
開催日・開催場所
平成26年2月24日(月)  KKT本社 役員会議室
議 題
・1月18日(土)午後1時30分放送
 現場発!「犬が伝えるいのちの話~"かわいい"ペットが老いるとき~」の合評
・視聴率の報告
・2月の視聴者の声
議事の概要
KKTくまもと県民テレビの第320回放送番組審議会が24日、委員9人と同社幹部らが出席して開かれました。
合評番組は、1月18日に放送した「現場発!犬が伝えるいのちの話~"かわいい"ペットが老いるとき~」。
ペットフードの品質向上や飼育環境の変化で、ペットの寿命は飛躍的に延びています。その裏にあるのがペットの高齢化と介護問題です。
「認知症になり夜中に吠える」「治療費がかさむ」といった悩みを抱える飼い主たち。
番組では、老犬ホームやペットの訪問介護などを紹介しながら、人間だけでなくペットにも共通する高齢化社会を通して、「命とどう向き合うのか」を考えました。
委員からは、「膨大な取材を背景にした啓発番組で、動物の命にも人間の命にも尊厳があるというメッセージが伝わってきた」、
「動物愛護センターに引き取られた犬の表情は訴えるものがあった」と評価する意見が出ました。
一方で「老犬の割合やどこで死を迎えるかなどのデータを提示してもよかった」との指摘もありました。