top
開催日・開催場所
平成25年11月25日(月)  KKT本社 役員会議室
議 題
・10月19日(土)午後1時30分放送
 現場発!「閉ざされた家 ~熊本市・15歳少女の死~」の合評
・視聴率の報告
・11月の視聴者の声
議事の概要
KKTくまもと県民テレビの第318回放送番組審議会が11月25日、委員8人と同社幹部らが出席して開かれました。
今回の合評番組は、10月19日(土)に放送した現場発!「閉ざされた家 ~熊本市・15歳少女の死~」です。
9月、熊本市の住宅で発見された15歳の少女の遺体。母親と二人暮らしだった少女は小学生の頃から不登校をくり返していました。学校や児童相談所などは家庭訪問を続けていたものの、なぜ少女の死を防ぐことはできなかったのでしょうか?行政や専門家、父親などを取材し検証しました。
委員からは、「非常にていねいで、バランスがとれた取材をしていた」、「行政の限界や問題点がよくわかった」と内容を評価する意見が出ました。
一方で「視聴者に対し、精神的な病を患った母親が少女を死に至らしめたような先入観を与えてしまったのではないか」、「母親と少女の"共依存"の影の部分にもう少し踏み込んでほしかった」などの指摘もありました。