Column

Column


How to Find a Lost Cat!
迷子の猫を見つける方法

I didn’t know how much I cared about my cat Miko until he ran away last week. I had accidentally left the balcony door unlocked and my other cat Abyssinian cat, Cheyenne opened the door for him with his paw. Miko, an American Shorthair, got the chance to explore the outdoors, and the next morning I could not find him anywhere. I learned a lot of things by having Miko run away. First of all, he did not intentionally run away. House cats don’t do that. Apparently another cat chased after him or he chased another cat, then he couldn’t remember how to get back home. The first night he was gone, it rained very hard and it was freezing cold. I knew that he had to be suffering somewhere. I searched everywhere the next day, but he was nowhere to be found. I then learned some important lessons about finding a lost cat.

First of all, I called the pound to make sure he was not there. Then I called and went to all of the Animal hospitals and pet shops in our area, thinking someone might take him there. Then I even went to the police to report that he was missing. After that I made 500 fliers and put them in every mailbox in our neighborhood. It was very tiring! I also put them on the electrical poles within a 500 meter radius of our house. Then I put a T-shirt with our scent on it outside hoping that he could smell it. I also put food and water outside, just in case he was nearby and needed food.

On the fourth night of my search, I got a call from the tobacco shop on the corner about 300 meters from our house. They had found Miko! I rushed to the shop and there was my cat, looking quite thin and confused. When I took Miko home, he ate for about 30 minutes and he seemed to be in a state of shock for a few days. Now everything is back to normal. I never realized how much I cared about my cat until he got away. Make sure that your cats and dogs are safe and sound. And if one of them does get away, it helps to stay positive, be aggressive and search until you find your pet!


先週、私の飼っている猫のミコちゃんがいなくなる前に、どれ程ミコが好きだったか判らなかった。私が、バルコニーのドアを閉め忘れた為、別の猫シャイエンがドアを開け、ミコが脱走してしまったのです。次の朝、どこを探してもミコは見つかりませんでした。ミコが逃げた事で、沢山学んだ。まず、ミコはわざと逃げたのではない事。他の猫に追いかけられたか、もしくは追いかけて自分の場所がわからなくなった。室内猫は、そんな無謀な事はめったにしませんから。その日の夜は、雨が降り、寒さも厳しく本当に心配でした。ミコもきっとこの時ばかりは反省していたでしょう。

次の日も、隅々探しましたが見つかりませんでした。私は、迷子の猫を見つける為の勉強をした。最初に、保健所に連絡する。そして、近くの動物病院に連絡、ペットショップにも連絡する。次に、警察署にも連絡をする。とても親切に対応してくれます。そして、迷子猫のチラシを作成し近所の家全てに配る。私は500枚のチラシを配りました。とても疲れますけど・・・。それから、近所の電柱に迷子猫のチラシを貼る。もし、家に戻った場合のためにバルコニーに餌と水、私の匂いの付いているシャツを置きました。

いなくなって4日目の夜、私の家から300m離れた駅前のタバコ屋さんがミコを捕まえたと連絡が来ました。私は大急ぎでタバコ屋さんに行き、痩せ細り何かに怯えている感じのミコがいたのです。嬉しかった!早速、ミコを連れて帰ると餌を30分位ずっと食べていました。そして、2日間ほどショックだったのか元気がありませんでした。でも、今はもう完全に元のミコに戻りましたよ。

皆さんの飼っている犬や猫はいつも安全な場所にいますか?もし、逃げたら、前向きに考えて積極的に行動し見つかるまで探してください。努力は必ず報われます!

3月19日更新

グレッグ・アーウィン

日本の童謡・唱歌を自らの視点で英訳し、100曲以上を手がけている。日本各地でコンサート等の活動を行う他、テレビ・ラジオ・声優・司会など幅広く活動を行っている。



バックナンバー一覧バックナンバー一覧
バックナンバー一覧
アナウンサーTOPへ