日替わりコラム

 絵日記トップページへ

  ずっと前から考えていたことがある。人の能力の不思議についてだ。
 目は見て、耳は聞くけれど、それって、みんな一緒じゃない。一人の人には見えて、もう一人の人には見えなかったり、聞こえているのに聞こえないなどということが本当によくある。

 例えば、母と買い物に行った時のこと。
 「信子ちゃん、今の店員さんのスカーフは色のよかったねぇ!」と、母。
 「え?今の人、スカーフしてたっけ?」と、<MCMS_KKT_NOBUKO>。
 「あんたも見たでしょうが」と、母。
 「あら、見えんかった」と、私。
おしゃれな母には見えたスカーフが、私の目には見えなかったのだ。

 例えば、子どもがテレビアニメを夢中で見ている時。
 「たいちゃん」
 「………」
 「ねえ、たいちゃん(<MCMS_KKT_TAIGA>)」
 「………」
 「たいちゃんってば」
 「………」
 「たいちゃん!」
 「………」
 「もう、たいちゃん!」
 「あ、おかあさん、何か言った?」
 「すぐそばで、大声で呼んでるでしょ!」
 「ごめん、ぜんぜん聞こえなかった」
 確かに耳は聞いているのに、本人にはわからないのだ。
 
 不思議なことはもっとある。
 たくさんの情報があふれている中で、耳が勝手にその中のひとつを選んでいるときだ。

 例えばテレビの天気予報やニュース。
 つけっぱなしにして他のことをしていても、倉敷、宇都宮、などという言葉が聞こえた途端、思わず画面を見てしまう。友達が住んでいたり、思い出の地だったり、関心のある場所の名前は、ちゃんと耳が聞き分けるのだ。
不思議だなぁ、とその度に思う。
 人は、機械的にすべての情報を受け入れているのではなくて、自分の見たいもの、聞きたいものを、無意識のうちに選んでいるようだ………そうか! だとすれば!
と、ここからが私の大発見!
 楽しいことを意識していつも考えていたら、楽しいことがもっと目に留まるようになるし、いやなことは目に留まらなくなる、というか、気にならなくなる、というのは実に理にかなっているというわけだ!
 「笑うかどには福来る」は、本当のことだったんだ!
 すごい!
 すごいぞ!
 と、一人ではしゃいでいたら、何のことはない、そんなことが書いてある本は、すでに巷にあふれておりました(笑)

 でも、いいや! 私にとっては大発見!
 人ってやっぱりすごいと思う。
 心に強く望んでいれば、なりたい人にだってきっとなれるね!

>>信子かあさんのきょうの絵日記へ戻る