日替わりコラム

 絵日記トップページへ

 今日は、前回の絵日記でふれたもうひとつのエピソードについて書こうと思う。
文章にするのは、ちょっと気恥ずかしい思いもするけれど、子育てについて考えさせられた、<MCMS_KKT_NOBUKO>にとっては大切な思い出だ。
 多分、かなり真面目な文章になる。そして、きっと長くなる。ごめんなさい。

 もう、随分前のことだ。
 その頃私は、夕刊配達をしていた。
当時私が担当していた区域には、新興住宅が建ち並び、よく手入れされたあちらこちらの花壇には、美しい花々が競うように咲き誇っていた。
 「きれいですねぇ!」
 「ほんとにきれいですねぇ!」
 自転車を止めて花を眺めながら、同じように足を止める人たちと、そんな言葉を交わすこともしばしばだった。

 住宅街を抜けて、田んぼの横をしばらく走り、細い砂利道に出て、それから舗装されていないデコボコの道を進んでいく。橋とも呼べないような小さな古い橋に差し掛かったところで、ポケットに入れていた鍵を落としてしまった。
 私は自転車を留めて、橋の下に降りていった。
 「あった、あった」
 どぶ川のような細い川の横に手を伸ばして、鍵を拾う。
ふと目をやると、橋の下に、小さな愛らしい花が咲いていた。
 「あら、かわいい。・・でも、こんなとこに咲いてても、誰にも見えないね」
 しゃがんで、花に声をかけながら、周りを見ると、湿った土手の下の方にも、可憐な花が咲いている。道行く人の目にはふれることもない場所だ。

 こんなにきれいに咲いてるのにね。
誰にも見てもらえないで、きれいね、と声をかけられることもないまま枯れていくんだ・・・
 さっき見た花壇の花たちとはなんて大きな違いだろう。
 なんか、可哀想だな・・・
 そんなことを思いながら、自転車に乗り、私は再びペダルをこいだ。
 気をつけて見てみれば、路肩の下や、ごみ置き場の周りにも、小さな花が咲いている。
 だけど・・
そんな所で咲いてても、誰にも気づいてもらえないよ・・
 せっかく咲いてるのに、なんか、可哀想だな・・・

 切ないような気持ちのままで自転車をこぎながら、ふと、考えた。
 でも、・・・そうかな?
 ほんとにそうかな?
 ほんとに誰も気づいてないのかな?
 ・・・・・
 ・・・・・
 もしかしたら、蝶々は、「きれいに咲いたね!」と言いながら、花の周りをヒラヒラ飛んでいるのかもしれない。てんとう虫は、「いい色だねぇ」と言いながら、花びらの上に登っているのかもしれない。もしかしたら、風は、「素敵な香りだよ」と言いながら、花の横を通り過ぎているのかもしれない。
 もしかしたら、ただ、人間が気づいていないという、たったそれだけのことなのかもしれない。
 ・・・・・
 そうだ。
 きっとそうだ。
 だって、光には、太陽には見えているはずだもの。
 汚い古い橋の下で、こんなに可憐に咲いている小さな花たちの姿が。
 ・・・・・
 お母さんという仕事は、周りから評価してもらうこと、頑張りを認めてもらうことが少ない。
 でも、かわいいてんとう虫や、青虫や、蝶々や、はちや、ミミズや、だんご虫や、鳥や、雲や、風たちが、ちゃあんと見ていてくれるはず。
 そして何より、太陽が、きっと見ていてくれるはず。

 思いをはせているうちに、頭の中にひとつの言葉が浮かんできた。 
 『置かれた場所で咲きなさい』

 教会の友人からずっと前に教えてもらった言葉だ。
 「花には足がないから、自分の好きなところへは行けないけれど、神様が置かれた場所で、一生懸命咲いている。 咲くことが花の使命。だから、花は、置かれた場所で、一生懸命咲くんだよ」

 橋の下のあの小さな花は、自分の置かれた場所で一生懸命に咲いて、自分に託された持ち場を、きれいにしていたんだ・・・
 薄暗い橋の下は、花の咲いた周りだけ、ぱっと明るくなっていたもの。
     
 頭の中に、もう一つの言葉が浮かんできた。
 『神様は、
  人に喜びを与えるため、
  人に慰めを与えるため、
  世界を美しくするために、 
  この世に花を創造されました。
  そして、
  神様がつくられたこの世で最も美しい花は、
  女性です』

 この言葉が本当に大好きで、長女には 麗花という名前をつけたのだ。 

 咲かなくちゃ。
 私も咲かなくちゃ。
 私が置かれた、岸家族という家庭の中で、
 一生懸命咲かなくちゃ。
 遠くで見ている太陽に、「頑張って咲いてるね」と、目を細めて言ってもらえるように。


 私はビュンビュン自転車を飛ばし、ビュンビュン涙をとばしながら、心の底からそう 思った。



 十数年前の、ある春の日の出来事だ **(^−^)**

>>信子かあさんのきょうの絵日記へ戻る