日替わりコラム

 絵日記トップページへ

先月の26日、
福岡で開かれた「お母さん大学in福岡」に参加した。
その際に聞いた 学長代理・藤本さんの話が忘れられない。

一人の知的障がいを持った小さな男の子のエピソードが紹介された。

その子が、普通の小学校に入学可能かどうかを調べるための
面接を受けた時の話だそうだ。

面接官は、男の子に質問して言った。

「お父さんは男です。お母さんは何でしょう?」

男の子がよくわかるように、面接官は、丁寧に質問を繰り返す。

「お父さんは、男です」

続けて、
「では、お母さんは何でしょう?」

男の子は、答えて言った。

「おかあさんは、だいすきです!」

その言葉を聞いた瞬間、
<MCMS_KKT_NOBUKO>は、自分がお母さんであることに心が震えた。
そして、自分がどんなお母さんであるべきかを、あらためて思った。

子どもたちの愛は まっすぐだ。

>>信子かあさんのきょうの絵日記へ戻る