日替わりコラム

 絵日記トップページへ

 床に原稿用紙が無造作に落ちていたので、拾い上げて読もうとしたら、「あ、だめ!」と<MCMS_KKT_TAIGA>が飛んできた。
 「これ、たいちゃんの?」
 「うん」
 「読んだらだめなの?」
 「うん、ちょっと…」
 「どうして?いつも見せてくれるのに」
 「でも、それはちょっと…」
 理由はわからないけれど、あわてている大我の様子が、妙に笑える。
 「ねぇ、たいちゃん、読んでもいいでしょ?」
 「いや、それだけは…」
 「いいよね!読むネッ!」
 「う、うん…」

 題は、『うちの家族』。…ふむふむ。
 『うちの家族は、12人の大家族です。みんなからよくけんかするだろう、と言われますが、そうでもありません。けっこう仲はいいです』
 なんだ、いい書き出しじゃないの。
 『<MCMS_KKT_EIJI3>、髪がうすいです。料理がじょうずで、いろいろ作ってくれます』
 いいじゃん、この作文のどこがまずいのよ?
 『<MCMS_KKT_NOBUKO3>、うちでは、女王アリと呼ばれています』
 えっ?! 
 『働きアリに指図して、自分はあまり働きません』
 げっ。
 『料理もあまり作りません』
 なるほど、そういうことね。
 『でも、たまに作るお母さんの料理は、とてもおいしいです。……ぼくは、うちの家族が大好きです』
 ちらりと大我を見ると、実に神妙そうな顔でこちらを見ている。ウケる(笑)
 「いいよ、よく書けてるよ。たいちゃんはほんとに作文うまいよ」
 「このまま出していいの?」
 「もちろんよ。あ、でも、教室の後ろに貼られたら、授業参観の時に、お母さんの実体がバレるね。あ、いや、もうとっくにバレてるかぁ」
 「お母さん、大好きだよ!」
 「知ってる、知ってる。お母さんもたいちゃんが大好きよ!」

 笑顔で立ち去る大我の後ろ姿を見ながら、決めた。
 よし!今日は、この女王様が、料理を作りますからね。

>>信子かあさんのきょうの絵日記へ戻る