日替わりコラム

 絵日記トップページへ

絵日記連載200回記念アンケートの中で、<MCMS_KKT_HIDETOMO2>、<MCMS_KKT_TENDO2>、<MCMS_KKT_REIKA2>、のその後について書いてほしい、という要望が少なからずあったので、今日は三人の近況を。

まずは、長男・英智。
彼は今、東京で宣教師をしています。「えっ、宣教師?いったい何をしてるんですか?」と、これまたよく尋ねられるので、少し説明しますね。
もし友達から、「ねぇ! もう、信じられないくらいおいしいケーキ屋さんを見つけたよ! そこのケーキ、今まで食べたことがないくらい、あり得ないくらいおいしいの!!」と聞いたら、興味のある人は、「えっ、それ何処にあるの?」と、尋ねると思います。
この“ケーキ屋さん”が、私たちの信じている神様や福音を表しているとすれば、宣教師は、どうやったらそのケーキ屋さんまで行けるか、道順や方法などを教える人、に例えられるかもしれません。

教会によって異なりますが、私たち家族が通っている末日聖徒イエス・キリスト教会では、希望すれば、若い時期の2年間、宣教師として奉仕することができます。
英智は、自分が食べてみて本当においしかったケーキ(福音)を、まだ食べたことのない人に知ってほしい、味わってほしい、という思いで、宣教師になって2年間奉仕する道を選択しました。
<MCMS_KKT_NOBUKO>も<MCMS_KKT_EIJI2>も、そのケーキを味わった一人です。
10代の終わりにケーキを食べて、本当においしい!と感動し、以来、食べてよかった、とずっとずっと思ってきました。今もそうです。だから、頑張る英智を応援したいと、心から望んでいます<MCMS_KKT_HEART><MCMS_KKT_HEART>

次男の天童は、英智とは違って、「オレは宣教師にはならないよ」と宣言しています。

ジャマイカに行きたいのだそうです(笑)
彼は今、保育士助手として、保育園で働いています。月曜から金曜までは、実に規則正しく生活し、実に熱心に働いていますが、週末になると、レゲエ大大大好きの青年にもどり、クラブでレコードを回したり、踊ったりして、楽しんでいるようです。彼のレゲエダンスに対する家族からの評価はすこぶる悪く、みな一様に「てんちゃん、気持ち悪い!」と言っています(笑)
しかし、彼は少しもめげることなく、「わかってないなぁ、よく見てよ、かっこいいでしょ」と、レゲエのダンスを披露してくれます…が、正直私も、微妙だと思います(^_^;)
でも、私たち家族は皆、奇妙なダンスを踊るこのてんちゃんが本当に大好きなのです<MCMS_KKT_HEART><MCMS_KKT_HEART>

長女の麗花は、仕事も3年目、夜学の方も、あと1年で短大の資格がとれるまでになりました。仕事と勉強と、よく両立して頑張っているなぁ、とわが子ながら感心してしまいます。
もともと本好きの子でしたが、この頃は戦国時代物を読みまくっているようです。週末に帰ってくるたびに、姉を慕って同じく戦国好きになった弟の<MCMS_KKT_IBUKI>とともに、お城の話や、甲冑の話、軍師の戦術の話などで、大いに盛り上がっています。
「風林火山」を見ながら、うお〜っっ、かっこい〜い!と奇声を発する姿は、立派なオタクそのものですが、実に愛すべき、美しいオタクです<MCMS_KKT_HEART><MCMS_KKT_HEART>

・・・と、こんなふうに、三人は三人ともそれぞれの道を頑張って歩いています。

そんな三人のこれから先の歩みについても、機会があったら、またいつか書きますね。

>>信子かあさんのきょうの絵日記へ戻る