日替わりコラム

 絵日記トップページへ

講演会、という形で<MCMS_KKT_NOBUKO>が人前で話すようになってから、もう6〜7年になるだろうか。
話すことは全く苦にならない。書くことと同じくらい大好きだ。
書くことには、じっくり考え、言葉を選んで文章を仕上げ、形として残すことができるという利点がある。
でも、話すことには、書くこととは違う魅力がある。
例えば、文章で書いた『私は家族が大好きです』という言葉に、声が加わり、抑揚が加わり、表情が加わり、動作が加わると、その言葉が生きて動き出す。自分の思いや感情で、言葉を味付けすることができるのだ。自分の言葉に、その場で自分の気持ちを乗せて相手に届けることができるのは、ライブならではの魅力だと思う。

若いお母さんたちの前で話すとき、小さな子ども達を連れてここまで来るのは大変だったろうなぁ、よく頑張って出てきてくれたなぁ、・・などと考えて、話す前から泣きそうになることがある。一生懸命頑張っているお母さんたちを見ていると、駆け寄って、ギューッと抱きしめたくなる。
でも、それができないから、心をこめて話をする。

どこで話す時も、誰に話すときも、私はいつも祈っている。聞いてくださる人たちが、ほんの少しでも元気になってくれますように、と。
そして、私はいつも願っている。聞いてくださった人たちが、会場を後にするとき、“もうちょっとだけ、頑張ってみようかな”と、少しでも思ってもらえたらいいな…と。

聖書の中に、好きな言葉がある。
『わたしたちは神の作品であって、良い行いをするように、キリスト・イエスにあって造られたのである。神は、わたしたちが、良い行ないをして日を過ごすようにと、あらかじめ備えて下さったのである。』エペソ2:10

こんな私が役に立つのなら、どこへだって飛んでいく。
ウルトラ方向音痴の私だけれど、カーナビという強い味方もできたしね<MCMS_KKT_HEART>

>>信子かあさんのきょうの絵日記へ戻る