日替わりコラム

 絵日記トップページへ

世の中に、名言、格言、といったものは数えきれないほど沢山あって、
どんなことも、すでに言い尽くされている気もするのだけれど、
<MCMS_KKT_NOBUKO2>には、結婚生活や子育てを通して見つけた「わたしの格言」といったものがある。
今日は、そのことを書いてみようと思う。


一つ目の格言は、
「愛は意志」。

これは、わたしが心の底から実感してきたこと。

独身時代の恋愛は、「好き」という感情ですんだ。
会いたい時に彼と会って、会いたくなければ会わなければよかった。
一緒にいたいと思う時だけ一緒にいればよかったのだ。
でも、結婚してからは、そうはいかない。
会いたい時も会いたくない時も、<MCMS_KKT_EIJI2>はそばにいる。
好きな時も、好きじゃない時も、夫はわたしと一緒にいる。
好きな時も嫌いな時も愛するためには、感情を超えた意志が必要なのだ。

子育ても一緒だと思う。
決して可愛いばかりじゃない。
でも、可愛く感じられない時も、愛さなくちゃいけない。
努力と忍耐と強い意志を持って。

…と、こんな書き方をすると、仕方なく愛している、といった印象を与えるかもしれない。
そこで、二つ目の格言。
「愛する時に愛は育つ」。

わたしは夫を愛しているし、子どもたちを愛している。
ただ、いつもいつも同じ気持ちで愛せるわけじゃない。
イラつくこともあるし、ムカつくこともある。
顔も見たくないと思う時だって、
もういやだ!と逃げ出したくなる時だってある。

でも、結婚したあの日、わたしは東京神殿で誓ったのだ。
「この人を愛します!」と。

だから、頑張る。
時には わたしの意志を総動員して、愛するために努力する。

夫のいいところを数え上げる。
夫がしてくれたことを思い出す。
欠点もあるけれど、
わたしにないものを彼は持ってる。
彼は頑張ってる。
彼は頑張ってきた。
彼を責める資格がわたしにある?
わたしは独善的になってない?
自分のことを棚にあげてない?
わたしは完全?
わたしには出来てないことがいっぱいある。
わたしは欠点だらけだ。
わたしはいったい何様だというの?
愛し合うって誓ったでしょ?
足りないところを補い合うのが夫婦でしょ?
頑張れ わたし!
負けるな わたし!
踏みとどまって!
投げ出したらだめ!
家庭を守らなくちゃ!
子どもたちを守らなくちゃ!
夫婦の関係は、努力して守る価値のあるものだよ。
家族の関係は、犠牲を払って守る価値のあるものだよ。
わたしにはできるよ!
できる!
きっとできる!
悔い改めて!
自分を変えて!
頑張れ、わたし!

すると、不思議なことが起こる。
謙遜な気持ちになって、
夫への感謝の気持ちがわいてくる。
わたしはこの人が好きだ、と素直に思えるようになる。
まるで頑張ったことへのご褒美のように、心に愛が育つのだ。
その愛をもって、夫を愛する。

けれど、そのうちにまた、
腹が立ったり、もう大っ嫌い!と感じるような日がやってくる。
その時はまた頑張る。
何度でも何度でも、愛するために努力する。
そうすると、笑顔で言えるようになるのだ。
「愛してるよ!」と、心から。


愛することで愛は育つ。
愛は意志だ。
愛は、生きものだ。


もうすでに、どこかで誰かが言っていることかもしれないけれど、
これが、結婚生活を通して得たわたしの実感。
わたしが見つけた格言かな?



来月、わたしたち夫婦は、結婚三十周年を迎える。(^−^)<MCMS_KKT_HEART>

>>信子かあさんのきょうの絵日記へ戻る