日替わりコラム

 絵日記トップページへ

「さぁ、もう9時半過ぎてるよ!小学生は早く寝なさい!」というわたしの言葉がきっかけだった。
1対5のバトルが勃発した。

「ずるいよ!」と<MCMS_KKT_FUDO>が訴える。
「みんな見てるのにずるいよ!」そう言う不動の目は涙目だ。
テレビでは面白そうな番組。途中でやめるのは確かにいやだろうけれど、最近夜更かしが続いていたので、やっぱりここは譲れない。
「ちゃんと録画してあるんだから、続きは明日見たらいいでしょ」と言うと、不動が食い下がる。「なんでひゅうちゃんは見ていいの?」
「ひゅうちゃんは中学生でしょ!」
「なんで?なんで中学生はいいの?」
「小学生と中学生は全然違うんだよ〜ん!」と<MCMS_KKT_HYUGA>が横から口をはさんだ。
その口調が、神経を逆なでするような言い方だったので、不動はますます腹をたてる。
「ずるいよ!ひゅうちゃんは一心くんと2歳しか違わないじゃん!」

高校生の<MCMS_KKT_SHUE>がフォローして言った。
「わたしも小学生の頃は、いつも、中学生はずるい!って思ってたよ」
「わたしもそう!ふうちゃんだけじゃないよ。わたしも小学生のころは、中学生だけ遅くまで起きてるのが羨ましかったもん。みんなそうやって大きくなったんだよ」と長女の<MCMS_KKT_REIKA>もフォローにまわる。
「夜更かしすると、背が伸びないんだよ」と、<MCMS_KKT_TAIGA>。
「そうだ!そうだぁ!」と日向が笑いながら口をはさむ。
あのね、その言い方が意地悪なんだよ!ひゅうちゃん!
日向を制して長女が言った。
「中学生になったらできること、高校生になったらできること、社会人になったらできること、って、だんだん自由が増えていくのよ。ふうちゃんだって、幼稚園の子たちに比べたらできることがいっぱいあるでしょ。ふうちゃんはこれからもどんどん大きくなっていくから!」。
他の子たちも長女に続く。
「小学生と中学生、中学生と高校生、の間には、何かわかんないけど、大きな壁があるんだよね」
「ふうちゃんも中学生になったらもう少し夜更かしできるから、それまでの我慢だよ」
「テレビを見たらダメなんじゃないよ。明日にしなさい、っていうだけのことでしょ?」
「それに、大きい子と同じ扱いをされたいなら、大きい子と同じことができないといけないんだよ。ふうちゃんにできる?」
不動対口達者な大きい子5人。多勢に無勢だ。
観念した不動は、涙をいっぱいためてドアを開けた。
そして、大きな声で「あぁぁぁぁ、中学生になりてぇっ!!!」と言い残してリビングを出て行った。

部屋に残った大きい子たちとわたしは、すぐに顔を見合わせて笑った。
「中学生になったらなったで、大変なのにね」
「しないといけないことも増えるし」
「それがわからないんだよねぇ、小学生のころは」

階段を登りながら不動がまた叫んでいる。
「はやく中学生になりてぇぇぇぇぇっ!」


ふふ。
そんなに焦らなくたって、あと2年ちょっとしたら嫌でも中学生になっちゃうんだよ、ふうちゃん。
みんなに可愛がられて何でも大目に見てもらえる小学生の特権を、もう少し楽しんだらいいんじゃないですか? (^_-)-☆

>>信子かあさんのきょうの絵日記へ戻る