日替わりコラム

 絵日記トップページへ

◎質問10 「夫婦円満の秘訣はなんですか?」

さぁ、10番目、最後の質問になりました!
夫婦円満の秘訣…。 うぅん… これまた一言では答えられないけれど…

以前の日記にこんなことを書きました。
2004年9月15日 「真面目に愛を語ってみる」

この中でわたしは、“好き”という感情は、自然にわきあがってくるもので、
“愛”は それに意志や努力が加わったものではないかしら、というようなことを書いています。
それは、結婚生活を通してのわたしの実感でした。

「愛は生きものだ」と言う人がいます。 同感です。
どんなに大きな愛だったとしても、ほったらかしにしたら、やがてしぼんで枯れてしまう。
でも、水やりをして、雑草を抜いて、栄養を与えて、…努力して大切に育てれば、力強く大きく成長していく。そう思います。

自分のことよりも相手のことを思う――恋人時代には簡単にできていたことが、結婚して毎日一緒に生活しているうちに、できなくなることがあります。
わたしたち夫婦がうまくいかないときは、大抵、わたしが夫に求めてばかりいるときです。
それに気づいたら、いかん!いかん!と反省して、夫がしてくれないことを数え上げるのではなく、夫の良いところを探します。
意志の力を総動員して、彼を愛そう!と、努力するのです。

自分のことを棚に上げて夫を批判していることに気づいたら、また、いかん!いかん!と自分を省みて、自分を変えるよう努力します。

そうやって頑張っていると、まるで そのご褒美のように、心の底から、好き!という感情が自然にわきあがってくるのです。そして、もっと彼が好きになる。
その繰り返し、かな。(^−^)<MCMS_KKT_HEART>

先日、テレビで、体操選手をめざす少年たちの過酷な練習の様子が紹介されていました。
泣きながら厳しい練習に耐える少年たちを見ていると、金メダルを目指すってこんなにすごいことなんだなぁと、本当に感動しました。
体操選手に限らず、野球選手、水泳選手、バスケット選手、さらに、ピアニスト、バレリーナ、…等々、一流を目指す人たちは一様に、日々練習を繰り返し、辛い試練に耐え抜いています。
志望する大学に入るためには熱心な勉強が不可欠ですし、何であれ、努力なしに成功する人は皆無です。

夫婦生活も子育ても同じかも。

いい夫婦になるためには、そして、いい親になるためには、楽しいだけではなく、時には困難な状況に耐えて踏ん張ることも必要なのかもしれません。

頑張れば、きっとご褒美があります。
愛ある家族、堅固な家庭、強く結ばれた親子、愛し愛される夫婦。

わたしはまだまだ道半ば。
だから信じて頑張ります! これまでも、今も、そして これからも(^v^)<MCMS_KKT_HEART>

>>信子かあさんのきょうの絵日記へ戻る