日替わりコラム

 絵日記トップページへ

学期末、学年末に、子どもたちが学校から持ち帰ってくる作品の数々を見ることは、<MCMS_KKT_NOBUKO>の大きな楽しみの一つだ。
絵、作文、工作…、どの子の作品も個性的で魅力的。
親ばかのわたしは、見る度いつも感動する。

今日は、その中から、<MCMS_KKT_ISSHIN>くんの作文をちょっとご紹介(^−^)。

初めの二つは、一年生の頃に書いたもの。
あとの二つは、二年生になってからのもの。
では、

『どろだんご』
ぼくはきょうどろだんごをつくりました。たのしかったです。
てにのせてまるめてつくりました。たのしかったです。
ひがあたるところにおいてかわかしました。
ふたつもつくりました。
でもひとつがこわれました。あーとおもいました。かなしかったです。

『クリスマス』
クリスマスの日のよる、ぜんぜんねむれなかった。なぜならサンタさんがきになっていたから。
おとうとはぐっすりねむっていた。
あさになって くつしたを見るとカードが入っていた。で、カードを見ると、「メリークリスマス。れいとうこをみてごらん」
で、れいとうこを見ると、またつづきだった。「かいだんを見てごらん」
ぼくは、はしって、はしって、はしっていきました。
プレゼントは、かめんライダーと、さるのぬいぐるみと、おかしでした。ぼくは、すっごくうれしかったです。
サンタさんありがとう。

『ねつ』
ぼくはねつを出した。
ほうっておくとなおったが、一時間くらいたつときもちわるくて、おなががすいて、あたまがいたかった。
ちょうどその時、夕ごはんだったので、おなかいっぱい食べました。そして、きもちわるくなくなりました。
でも、あたまがいたいのは なおりませんでした。おかあさんに教えると、おんどをはかることにしました。すると、38ど4ぶもありました。
あたまをひやしてもらってねるとなおりました。うれしかったです。

『お水のこうじを見たこと』(学校の帰り道で、水道工事を見た時のことです)

ぼくはお水のこうじを見ました。
はじめは、お水のまわりのフタのまわりをほっていました。はじめは、なにをしていたのか、わかりませんでした。でも、あとからわかりました。
お水のフタのまわりをほっていたら、へんなものが出てきました。名前はしりません。

つぎに、すな二つをまぜて、入れていました。
つぎに、チョコレートをとかしたみたいなのを入れていました。
「これ、なんですか」
と、こうじの人にきくと、
「チョコレートや」
と、言っていました。うそとわかっていました。
つぎに、石みたいなのを、のせていました。
「これ、なんですか」
と、きくと、たいがくんが、
「チョコフレークですよね」
と、言っていました。チョコフレークみたいですが、ちがう、と思っていたら、こうじのおじさんが、
「そうや」
と、言っていました。ぜったいウソ。
その後、まわりに、ガムテープをはっていました。

***
作文を見ていると、たった一年間で、語彙も、表現力も、ぐっと増していることが、よくわかる。
毎日、やさしく忍耐強く指導してくださっている先生方のおかげで、子どもたちは、本当によく成長している。……と、今書いている私の横で、「ぼくは?」と<MCMS_KKT_HYUGA>。
ごめん、ごめん!ひゅうちゃんは、スポーツ面での活躍がすごいんだよね!
二段跳びに、はやぶさに、縄跳びの腕前は、家で一番だし!

好きなことも、得意なことも、それぞれみんな違うけど、どの子もぐんぐん伸びている。
伸びる様子を見られることが、お母さんの喜びかな(^−^)

>>信子かあさんのきょうの絵日記へ戻る