日替わりコラム

 絵日記トップページへ

普段は意識したこともない。
目玉がどこにあるか、足がどこにあるか、頭がどこにあるか、鼻がどこにあるか、左手がどこにあるか・・・。
そこにあるのが当たり前すぎて、それがどこにあるかなんて、これまで考えたことがなかった。
でも、今は違う。
痛いし、しびれているし、上手に動かせないので、眠っている時以外いつも、<MCMS_KKT_NOBUKO>の意識は左手に集中している。
左手を骨折したとき、「利き腕でなくてよかったね!」と、みんなから言われた。私もそう思った。日常生活の中で、こんなにも左手を使っていたなんて気付かなかったからだ。
たとえば右手で文字を書く時、左手は紙を押さえている。
靴ひもを結ぶ時、服のボタンをかけるとき、ネックレスをはめる時、ジャムのキャップを開ける時、ストッキングをはく時、・・・左手と右手は連携し協力して、実に見事に動いている。
そのパートナーの左手を失ったとき、私の右手は、できないことの多さに驚いて途方に暮れた。すごいなぁ、左手!
でも、それと同時に感じたのは、体全体の連携プレーだ。
左手が使えない、となると、体のほかの部分が、今までになかった働きをして左手を補ってくれるのだ。
たとえば口。
服を脱ぐとき、着る時、口にくわえたり、ひっぱったり、で、なんとか左手をカバーできる。
たとえば足。
キャップを開ける時、瓶を股にはさんだり、足で押さえたりすることによって、左手の代わりをつとめてくれる。
頭も、顎も、お尻も、体全体が、総動員で左手をカバーする。
すごいぞ、体!

そして、そんな体全体の応援を受けながら、私の左手は少しずつ機能を取り戻しつつある。
力が入らないので物は持てないけれど、指は随分動くようになった。
手首も、曲げ伸ばしにかなり苦心するものの、だんだん動くようになっている。
先週できなかったことが今週できるようになるのは嬉しい。
左手でグーとパーをつくる。当面はそれが目標。(^−^)

私の左手はここにある。
ここにいて、一生懸命頑張っている。

>>信子かあさんのきょうの絵日記へ戻る