日替わりコラム

 絵日記トップページへ

「夫婦円満の秘訣は?」と、尋ねられることがある。
秘訣…なんて語れるほどのものはないので、今日は、<MCMS_KKT_NOBUKO>があこがれる夫婦像について書いてみようと思う。

もう20年以上前になるだろうか、
教会で、アメリカから来られた指導者の言葉を聞く機会があった。

80歳近い彼が何を話されたのかは、もう覚えていない。
ただ、最後の言葉だけは、今でもはっきり覚えていて、私の心の中にいつもある。

「私は50年前に、ソルトレーク神殿で、妻と結婚しました」
そう言って、彼は、後ろの席に座っていた老夫人を手招きされた。
小柄な夫人が、はにかんだような笑顔で傍らに立たれると、
「その日、私は、妻だけを愛すると誓いました」
と、確認するように彼女をしっかり見つめて、
「これまでの50年間、その誓いを守ることは、私にとって、とてもたやすいことでした。…なぜなら、」
と言いながら、夫人の肩をそっと抱き寄せ、やさしい口調で、彼はこう締めくくられた。
「なぜなら、…彼女は、愛さずにはいられない人ですから」

涙が出た。
なんて素敵なご夫婦なんだろう!!

そして、思った。
50年間一人の女性を愛し続けるために、きっと彼は多くの努力をなさっただろう。

でも、彼女の方も、50年間、“愛さずにはいられない”と言われる存在であり続けるために、沢山の沢山の努力をされたに違いない…、と。

こんな夫婦になれたらいいな…。

その時に感じた気持ちが、ずっと私の心に残っていて、<MCMS_KKT_EIJI2>と喧嘩した時、気持ちがすれ違った時、うまくいかない時…と、折に触れては、何度も何度も浮かんでくるのだ。

浮かぶたびに、私の心はふるいたつ。

愛さずにはいられない人…。

それがどんな人なのか、まだわかってはいないけれど、
自分なりに考えて、頑張りたいと思っている。

今年で結婚25年。
私は、夫にとって、“愛さずにはいられない人”になれているかな?

>>信子かあさんのきょうの絵日記へ戻る