日替わりコラム

 絵日記トップページへ

「ねぇ、いっくん、なにか、絵を描いてよ」と頼んでみた。
「なんで?」
「だって、この頃、絵日記に、いっくんの絵、あんまり登場しないでしょ?いつも私の絵ばっかりじゃつまらないし」
「え〜〜。いやだよ」
「そう言わずに描いてよぉ」
「え〜〜。めんどくさいなぁ・・・」
「そこをなんとか!」
「もう、しょうがないなぁ。・・・何の絵を描いたらいいの?」
「う〜ん、今のところ、何って、考えてるわけじゃないのよね。いっくんが何か描いてくれたら、それに合わせて日記を書くよ」
「わかった」

この絵日記、ほとんどいつも<MCMS_KKT_NOBUKO>の文章が先にあって、後から絵を描いている。
でも、今回はまだ文章を書いていなかったので、たまには、先に絵があって、その絵に合わせた文章を書くのもいいかな、と、三男の<MCMS_KKT_IBUKI>に頼んでみたのだ。

翌日、「描いたよ」と息吹。
ありがとう、と受け取ったものの・・・ 。

「いっくん、・・・これは、・・・・・・???」
「つじお」
「あぁ、つじおくん、ね」

つじおくん、というのは、息吹のオリジナルキャラクター。
息吹のちょっとした落書きには、このつじおくんが、しばしば登場するのだが、
つじおくんの絵を、息吹は3枚も描いてくれていた。

さて、絵を受け取ったはいいけれど、…この絵からどんな文章が生まれる??????
ピストルを持ったつじおくん、踊るつじおくん、わけのわからないつじおくん・・・。
う〜〜〜ん。
考えること数日。
だめだ。浮かばない。(^_^;)

「お母さん、別のを描こうか?」と息吹。
「お母さんが文章を書いたら、今度はそれに合わせて絵を描くよ」とも言ってくれた。

ありがとう。でもね、せっかく描いてもらったんだもの、この絵から、何かインスピレーションが、浮かんでこないかしら・・・。

さらに、数日。
だめだ。浮かばない。(^_^;)

やっぱり先に文章を書いた方がいいかなぁ、と思いつつ、息吹の絵をまた手に取ってみた。
隅々まで書き込まれたつじおくんの絵。ふふ。無駄に丁寧だなぁ。

ん?・・・無駄に丁寧?

そう、無駄に丁寧だ!!

うちの子どもたちに、いや、私たち夫婦にも共通してある特質。それは、無駄に張り切ること。無駄に力を入れてしまうこと。
クリスマス然り、豆まき然り、お誕生会然り、歓迎会然り。
PTA役員の仕事然り、いろんな雑用然り、・・・。
でも、これって・・・、これって、もしかしたら、私たち家族が陽気に暮らしている秘訣、と、言えるかもしれないぞ。

誰かに何かを頼まれて、渋々やっているうちは、全然楽しくないどころか、腹がたったりもするけれど、最初はいやいやでも、無駄に丁寧にやっているうちに、楽しくなる。
無駄に頑張るのは、自分が、勝手に好きでやっていること。
好きでやることは楽しいのだ。

「ねぇ、お母さん、また描いてあげようか?」と笑顔の息吹。

ふふ。
いっくんも、うちの子だよねぇ!(^_-)-☆


(絵は、無駄に丁寧に描かれた“つじおくん”です)

>>信子かあさんのきょうの絵日記へ戻る