日替わりコラム

 絵日記トップページへ

岸さんは、いつ頃から講演活動をしているんですか?
岸さんの講演会って、いつあるんですか?
どんな場所で話しているんですか?
講演の対象は?
子ども相手の講演もするんですか?
岸さんに、どうやって講演を依頼したらいいんですか?
講演料はいくらくらいですか?
どのくらい遠くまで来てもらえるんですか?
泊まりもOKですか?
月にどれくらい講演してるんですか?

などなどなど…
尋ねられることがとても多いです。

<MCMS_KKT_NOBUKO>自身の講演活動について話すのは、ちょっと照れ臭くもあって、
なかなか紹介する機会がなかったのですが、
今日は、信子かあさんの講演会のこと、お話しますね。

まず、いつ頃から講演するようになったか、というと、8〜9年くらい前からです。

きっかけは、自分の子どもが通う小学校の、保護者の小さな集まりで、ちょっと話す機会があったこと。

その話を聞いた方から、保育園でぜひ講演を!と、頼まれました。
ためらいつつも引き受けて、後日、保育園でお話したところ、
その話を聞いた方から、別の小学校での講演を頼まれました。
後日、小学校でお話すると、その話を聞いた方から今度は幼稚園での講演を依頼され、

そこで話をしたら、その話を聞いた方から、また別の幼稚園での講演を頼まれて……

…といった感じで、いつの間にか いろんな場所で話すようになったのです。
回数は…
正確ではありませんが、これまでに、700回は超えているようです。

対象は、いろいろです。
若いお母さん、というか、これから出産を控えているプレママ、プレパパの「両親学級」でお話することもありますし、保育園、幼稚園の保護者会、小、中、高校での保護者会、婦人会、ママさんサークル、会社・企業の研修会、老人会、…などなどなど。

子どもさん相手に、話すこともあります。
小学生、中学生、高校生、大学生、看護学生…。
親子で一緒に聴く講演会、というものもあります。

講演料、ですが、
これは、決めてはいなくて、すべて先方にお任せしています。
私も学校の役員をしていますが、予算は、学校によって、とても違うからです。

幼稚園、学校が、単独で講演会を計画する場合もあれば、いくつかの学校が合同で企画するときもあります。
地域の機関と抱き合わせて組むこともありますし、人数、規模によって、予算は当然異なるでしょうから、すべて「ご予算の範囲内でどうぞ」ということにしています。
だから、講演料は正直、すごくバラバラです。

例えば、子育てサークルを立ち上げたばかりで、メンバーがまだ4人、という小さなグループで呼んでいただいた時は、1時間半話して、3500円 いただきました。
一万円のときもあれば、二万円、三万円、五万円のときもありますし、
地域の文化ホールなどを使って、数百人の前でお話ししたりするときは、沢山いただくこともあります。

その団体、というか、企画されたところのご予算で、お受けしているのが実情です。

講演で行った中で、これまで一番遠かったのは、
北が仙台、南が沖縄です。

基本的には、いつでも、どこでもOKです。
泊まりもOKです。
ただし、子どもの行事と重ならない日だけ。
うちはまだ子どもたちが学校に通っていますから、子どもの学校の行事、例えば授業参観や発表会、文化祭、運動会、などがあれば そちらを優先して、講演の方はお断りしていますが、行事がなければ、だいたいお受けするようにしています。
あ、それから、日曜日は、なるべく避けています。
家族の日としてとっておきたいので<MCMS_KKT_HEART>

講演の依頼方法は、
私に直接電話かメールしていただくことがほとんどです。

私は教育の専門家ではありませんし、こうすれば子どもがいい子に育つ!というノウハウを習得しているわけでもありません。
欠点だらけの、現役の普通のお母さんです。
違いがあるとすれば、子どもがちょっと多いので(笑)、その分、経験していることが少し多いということ、かな?
私にお話できるのは、これまでやってきてよかったこと、失敗したこと、学んだこと、今頑張っていること…
そう、この絵日記に書いているようなことばかりなのです。

そんな話でもいい、と言ってくだされば、
いつでも、どこででも、精一杯の心をこめてお話します。

私はお話しすることが大好きです。
いろんな場所へ行って、いろんな方たちとお会いできるのは、本当に楽しいです。
いつか、どこかで、みなさんとお会いすることもあるかもしれませんね。

その日のために、もっと自分を磨かなくっちゃ!(^_-)-☆

>>信子かあさんのきょうの絵日記へ戻る