絵日記トップページへ
   
   
 

 
 
 去年の誕生日にたてたダイエットの目標は1年かけてほぼ達成!さあ、今年は何にチャレンジしよう?
 先週、誕生日を前に考えていたら、長女二女が揃って言った。
「落ち着いた中年を目指したら?」
げっ。
そう来たか・・・
そうだよね。自覚はしてる。
 この世で一番好きな色はピンク。好みは丸いちょうちんそで。ふわふわのスカートが好き。小花のししゅうのブラウスが好き。キラキラ光って揺れるイヤリングが好き。夢のように輝くビーズの指輪が好き。
 でも、『下妻物語』のもも子サンみたいに、この先ずーっとヒラヒラの服ってわけにもいかないよねえ・・・。
 「やっぱ、これからはシックな茶系かなあ」とつぶやくと、娘たちが笑いながら言った。
 「ウソだよ、信ちゃん。冗談だよ!信ちゃんは信ちゃんだもん。今のままでいていいよ!ずーっと今のまま、夢見る中年でいていいよ。」
 ・・・で、まあ、服装の方は当分現状維持でいこうと思うのだけれど、問題は中身だ!
 初の50代を迎えるにあたって、何か心構えになるものはないかしら?
と、そんなことを思案していたちょうどその時、はステキな言葉をもらった。
  数日前のことだ。
 ある会合で偶然となりの席に座ったその女性が口にした言葉は、私が初めて聞くものだった。
 「顔は未来を語る」というのがその言葉だ。
 顔は過去を語るものと思っていた。年を取ったら、その人のそれまでの生き方が顔に出ると、よく聞いていたからだ。でも彼女は、違うと言う。
 「顔は過去ではなくて未来を語るのですか?」と尋ねると、彼女は答えて言った。
 「明るい笑顔の人には明るい幸福な未来がやってくる。苦虫をかみつぶしたような険しい顔をしていれば、不幸な未来がやってくる。顔はその人の、未来を語っているんです。」
 へぇ!
 そうなんだ!
 私の顔は、私の未来を語っているんだ!
 彼女の言葉は私の心に深く残った。
  そうして迎えた誕生日。
 今日、私は堂々の50歳になった!
年を取って失うものはもちろんあるけれど、年を取ることで得られるものもまた多いはず。年を重ねることが魅力になるようなステキな生き方ができたらいいなぁ!
 そう心から願いつつ、幸せな未来がくるように、夢見る中年は笑顔全開を目指します!

追記 今回の絵は、つい調子に乗って書いちゃいましたが、実際の私はもちろん、ここまでヒラヒラではありません・・・エヘヘ