絵日記トップページへ
   
   
 

 
 
 長女二女でドライブをしていた時のこと。ふいに長女が尋ねて言った。
 「ねえ、信ちゃん(前にも書いたが長女と二女は私のことを信ちゃんと呼ぶ)、信ちゃんてさあ、悩みなんてぜーんぜんないでしょ!」
 はぁ?なにそれ?と思う間もなく、二女が言った。
 「あるわけないじゃない!ねぇ信ちゃん!」
 そこで私は反論する。
 「何言ってんのよ。ないわけないじゃないの。ありますよ、そりゃあ、悩みくらい!」
 「うっそぉ〜!」と二人。それからすぐに長女が言った。
 「でも信ちゃんって、悩みがあっても、悩みがあるのは行きてる証!生きてるから悩めるのよ。ああ悩めるってステキ!うひゃひゃひゃひゃ!って感じよねぇ」
 二女もまた同意して言う。
 「ほんと!信ちゃんは人生が好きだもんねぇ!毎日楽しくってしょうがないでしょ?」
  まったく、ほめられているのやらバカにされているのやら・・・。
 「じゃあ、二人はどうなのよ。毎日楽しい?」
と尋ねると、
 「あったりまえじゃない!信ちゃんの子どもだもん」と愛実。
 「わははははははは、人生最高!」と麗花。
 それから二人は、「はーはっはっはっはっ」と、高らかに笑い始めた。
 二人のバカ笑いの中考える。
 のうてんきな親に、のうてんきな娘達。
でも、これってたぶん、いいこと・・・だよね!?