絵日記トップページへ
   
   
 

 
 

夫と二人で行った阿蘇旅行の写真が出来上がった。コスモス畑で夫と並んで立っている私の顔は、自分で言うのも何だけれど、本当にとてもうれしそうだ。
英治さん、この写真は特別よ!記念に絵にして残そうか?」
「うん」
「英治さん、描いてくれる?」
「いいよ」
「ほんとに?」
「うん」
「やったあ!」
・・・で描いてくれたのが今回の絵だ。
長女二女はキャハハハハハハと笑うけれど、私にとっては宝物!額に入れて飾るのだ!

ところで、この時私が着ていた服は、阿蘇に行く途中、大津のショッピングセンターで夫が選んで買ってくれたものなのだが、胸の模様にご注目!!そう!なんと、なんと、なのだ!

「英治さん、これって、私がもう、蝶になっちゃったってこと?」
「いや、もうじき蝶になるかなあ・・・って希望を込めて」
「そうか!わかった!まかせといて!」

一連の会話を聞いていた長女。麗花の今回のコメントは?
「お父さんってほんと、うまいよねぇ!お母さんの扱い方がわかってる!」
え!?
「これでまた、お母さん、張り切るんだよねぇ」

張りきりますとも!