絵日記トップページへ
   
   
 

 
 

 「勇気あるよねぇ!私だったらとてもできない」

 へっ?
 友人に感心されて戸惑ってしまった。
 勇気? 散髪が?

 「だってさぁ、成功するかどうかわからないじゃない。よく、まかせられるねぇ」

 そ、そうかなぁ?・・・・

 結婚してから今日に至るまでずっと、私はに髪を切ってもらっている。おかげで19年間、散髪代は全くのゼロだ。
 もちろん、10人の子どもたち全員の散髪も、が一手に引き受けてくれていた。
いた、と過去形なのは、最近になって、長男二男長女、の3人が、お父さんの散髪屋さんを、自主卒業したからだ。
 理由は『お父さんは技術はあるけどセンスがないから』なのだとか。(苦笑)
 まあ、そう言えないこともないかもしれないけれど(失礼!)、私はの切ってくれる髪型が、けっこう気に入っている。(ホント!)

 だから、今日も、居間の美容室に行って、"自称カリスマ美容師"お父さんに、髪を切ってもらうんだ!

 
 
   
  ☆名前をクリックすると、個人ページが見れますよ!