KKTドローン中田の南極日記

top

ついに帰国

2017/5/12

皆さん申し訳ございません!帰国のバタバタで更新を怠けておりました。
まだまだ南極の話は尽きませんので、当分はこの「南極日記」にもお付き合い下さいね。

さて、第58次南極観測隊が帰国したのは3月23日ですが、その前後の話を少し紹介したいと思います。
帰路の「しらせ」に乗ったのは2月10日。そこから南極沿岸の海洋観測などを行いながら1ヶ月ちょっと掛けてオーストラリアを目指します。
そしてシドニーに到着したのは3月20日です。

170512_01.jpg

4ヶ月ぶりに見る文明!緑!そして久しぶりの陸地!今まで船の上からは氷か海しか見えなかったのに、「しらせ」が都会の風景に包まれて行くことがちょっと不思議な感じがしました。そしてシドニーでしばしの休息。ちょっと前までは氷点下の世界にいましたが、シドニーの気温は30度。しかし、その気温のギャップにも直ぐに慣れ、汗だくになりながら博物館巡りをしたり、食べ歩きをしたりとシドニーでの一時を楽しみました。

3月22日は、いよいよ日本に向けて飛行機で出発です。香港経由で羽田空港に向かいます。機内では南極のミッションが終わるというちょっとした寂しさと、早く家族に会いたいという気持ちが入り混じりる複雑な心境。普段飛行機の中では直ぐに熟睡してしまう私ですが、この時はなかなか眠ることができませんでした。

3月23日、ついに羽田に到着(この模様はこちらの記事で紹介)。観測隊やS17のメンバーとお別れの挨拶を交わし、それぞれで空港から帰って行きます。私もここで熊本行きの飛行機に乗って行くはずでしたが、実はまだまだ熊本には帰らないのでした...

170517_02.jpg


帰国の前日から幕張メッセでドローン関連の展示会が開催されており、そこでの仕事(と、言っても業界関係者への挨拶が主ですが)で2日間幕張に滞在。熊本に帰ってきたのは3月25日でした。やはり約4ヶ月ぶりの家族との再会は嬉しいものです。私には1歳ちょっとの息子がいるのですが、予想通り私の事を忘れている様子。髭面になって帰って来たこともあり、私が誰だか分からずしばらくは泣きながら逃げ回られていました(笑)。

南極にいる間は「帰国したら◯◯を食べよう。◯◯に行こう。あれしよう、これしよう」を考えていたのですが、実際に戻って来て普段の生活になってしまったら然程その考えにも拘らなくなってしまいました。日常生活に戻ってしまうと、南極にいた事が夢だったような、遠い昔のようにも思えてしまうので不思議なもんですね。

エントリー

バックナンバー

2017年5月

  •  

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

  • 31

  •  

  •  

  •