KKTドローン中田の南極日記

top

帰路のオーロラ

2017/3/16

夏の間は日が沈まなかった南極も1月中旬には日没するようになり、3月に入った現在は夜間は真っ暗です。帰路についた砕氷艦「しらせ」が南極大陸の沿岸を真東に航行している間は、南極での暗い夜を迎えることが出来るわけです。そこで楽しみにしていたのがオーロラ。
往路のしらせでも1度は見る事が出来ました(記事「オーロラ」参照)が、より南で見る真夜中のオーロラは全くスケールが違いました。

2017031601.jpg

2017031602.jpg


頭上のオーロラを見ると激しく動いています。グルグルと渦を巻いたりまるで風になびくように揺らいだり、次々と形が変わっていきます。その美しさに、甲板に出ている他の隊員たちと一緒に思わず「おおー!」と声をあげてしまいました。

2017031603-1.jpg
澄んだ大気と人工の灯りが全くない環境での星空は、日本のものとは比較になりません。この吸い込まれるような満天の星空だけを見ても感動します。その星空と競うかのように輝くオーロラ。深夜の甲板は氷点下ですが、寒さも忘れてついつい長時間見惚れてしまいました。そしてカメラのシャッターを押す手もなかなか止まりません。でも夜更かしはそこそこにしないと翌日が辛いですね(笑)。

エントリー

バックナンバー

2017年3月

  •  

  •  

  •  

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

  • 31

  •