KKTドローン中田の南極日記

top

空飛ぶ訪問者たち

2017/2/28

前回の記事で紹介したピーちゃん以外にも、実はS17には他にも空飛ぶ訪問者がやってきています。
S17は航空拠点でもあるので、雪原を均しただけですが航空機用の滑走路があります。この滑走路は、DROMLAN(ドロムラン)とう南極地域を結ぶ航空網のためのもの。今回、物資の受け渡しでDROMLANの航空機がやってきました。

170228_01.jpg
やってきた飛行機は、橇(ソリ)を履いた双発のプロペラ機。カナダの航空会社の機体で、「バスラーターボ」というそうです。美しく輝く機体とどこかクラシカルなスタイルにうっとりしてしまいましたが、なんと1960年代の機体だということ。荷物を受け取った後は、燃料をドラム缶から給油して氷原の滑走路から飛び立って行きました。

私達がS17に滞在している間には、他の観測チームも複数訪れました。その際に乗って来るのがASヘリコプター。オーストラリアから「しらせ」に積み込み、南極で観測チームの移動に使用されます。毎回違うチームがASに乗って来るので、パイロットのマットさんは何度もS17にやってきています。おそらくピーちゃんの次にS17に訪れた回数が多いかも。

170228_02.jpg
そして一番お世話になったのが、「しらせ」艦載機のCHヘリコプター。ヨーロッパ製の大型ヘリコプターで、2機のCHが観測隊の人員・物資の輸送で活躍しています。私達と観測チームのおよそ6トンに及ぶ物資も、このCHヘリコプターで輸送してもらいました。3機のガスタービンエンジンが回す、直径約19mのメインローターは近くで見ると大迫力。大きな機体が簡単に浮き上がりますが、地上で見送る際にはダウンウォッシュで吹き飛ばされないように注意が必要です。

170228_03.jpg
子供の頃から航空機に憧れていた私にとって、とても魅力的な訪問者達。南極の地で間近に触れることが出来て嬉しい限りです。

エントリー

バックナンバー

2017年2月

  •  

  •  

  •  

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  •  

  •  

  •  

  •