KKTドローン中田の南極日記

top

突然の訪問者「ピーちゃん」

2017/2/27

S17拠点は、沿岸部から約20kmほど内陸で標高も600mあります。そのため"南極"からイメージされる、ペンギンやアザラシなどの生物は見ることができません。そのようなことでS17では我々人間以外の生物は存在することが出来ない、と思っていたのですが、ある日突然の訪問者に驚かされました。

170227_01.jpg

氷原の地面ギリギリを低く飛び回る姿は正にツバメ!こんな所に鳥が飛んで来ることに驚きです。そしてその鳥は何かを確認するように私達の周りをクルクル旋回します。「鳥だ!」と大声で騒いでいるとこちらに近づいてきて、ひと通り私達や雪上車などの周りを飛ぶとまた何処かへ消えて行きました。

170227_02.jpg正体は「アシナガウミツバメ」という鳥。飛び方やシルエットはツバメにそっくりです。ただ体は大きくハトくらいはあり、尾っぽの付け根が白いのが特徴です。

170227_03.jpg

エントリー

バックナンバー

2017年2月

  •  

  •  

  •  

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  •  

  •  

  •  

  •