KKTドローン中田の南極日記

top

再びしらせに

2017/2/20

南極大陸上のS17での観測と昭和基地での任務も無事に終わり、2月10日には再びしらせに戻って来ました。あと1ヶ月ちょっとで帰国です。ホッとしたのと同時に、もう少しで南極を離れると思うと寂しくもあります。

170220_01.jpg


しかし、しらせは直ぐにオーストラリアに向けて帰る訳ではありません。まだ海洋観測や地質、生物などの観測がありますので、しばらくは南極大陸沿岸に沿って東に移動を続けます。その間、私達S17チームもしらせ艦上で気象ゾンデを使った観測を行います。

170220_02.jpg

気象ゾンデの観測は、ヘリウムガスを入れた大きなゴム風船にゾンデと呼ばれる観測装置をぶら下げ、その観測した情報を電波で地上に送ります。およそ高度25kmまで上昇し、その間の高度、気圧、気温、湿度、風速、風向、緯度経度を計測し記録します。このゾンデの観測は世界中の様々な所で行われており、それらのデータと合わせ解析されることによって目的に合わせた気象予測や研究に活用されるのです。

往路のしらせでは風船を途中で飛ばしたり割ったりしないように緊張しましたが、S17で毎日朝晩行っていましたので放球作業(ゾンデを放つ作業)も随分と慣れたものになりました。しかし最後まで気を抜かないように作業にあたりたいと思います。

エントリー

バックナンバー

2017年2月

  •  

  •  

  •  

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  •  

  •  

  •  

  •