KKTドローン中田の南極日記

top

観測は順調です

2017/1/22

私は、気象観測を行う無人航空機の技術者として今回の観測隊に参加しています。今話題のドローン(マルチコプター)も使用しますが、私の主な任務は「無人航空機によるエアロゾル観測」のオペレーション。大気中の微粒子(エアロゾル)の大きさや量を測ったり採取したりする装置を搭載したカイトプレーンという無人航空機で、南極大陸上から沿岸、海上にかけ飛行しその観測を行います。

170122_01.jpg
カイトプレーンとは、写真の様に主翼がカイト(凧)になっている飛行機です。普通の飛行機と違い、短距離の滑走で離陸ができて、ゆっくりと飛行する特徴があります。重たい観測装置を積んでも、80ccのガソリンエンジンでおよそ2時間飛行可能です。

離陸と着陸はラジコン飛行機のように手動で操縦を行いますが、距離が離れると操縦する私からは機体が見えなくなりますので自動航行をすることになります。
予め入力していた目的地や経由地の緯度経度、高度などのプログラムに従い自動的に飛行をします。

170122_02.jpg
飛行の様子は飛行管制ソフトウエアに表示され、機体の状態や飛行位置、高度などはリアルタイムに確認できます。また、飛行ルートの変更や帰還などの操作も管制ソフトから行うことが可能です。

170122_03.jpg

カイトプレーンでの観測飛行は午前10時と午後9時の1日2回を基本とします。1回の観測での飛行時間は1時間以上で、飛行距離も往復で30kmを超えます。観測を終え無事に着陸させると、毎回の事ですがホッするものです。

飛行後、私は機体の整備やチェック、給油などをし、次のフライトに備えます。同時に林さんは機体から観測装置を外し、その観測データの確認作業を行って1回の観測飛行が終わりです。

170122_04.jpg

南極大陸では内陸部から沿岸方向に向けて「カタバ風」という風が吹くため、次のフライトまでは主翼をたたんで雪上車の風下に駐機をします。※上の写真では、機体は橇(そり)の上に乗っています。

エントリー

バックナンバー

2017年1月

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

  • 31

  •  

  •  

  •  

  •