KKTドローン中田の南極日記

top

南極での初めての夜

2016/12/23

上陸初日。雪上車の立ち上げも順調に進み、ようやくこの日の作業も終了です。そしてお待ちかねの夕食の時間。もちろん雪上車の中での食事です。10名ともなると車内もぎゅうぎゅうになってしまいますが、とても楽しい時間を過ごしました。

161223-01.jpg

雪上車の中では寝食ができるような工夫がされています。例えばこのように、ガスコンロを並べると立派なキッチンの出来上がり。コンロが置ける台の上にはちゃんと換気扇まで備え付けてあります。

161223-02.jpg

食事も終わり夜も更けて来ました(とは言っても日は沈んでいません)。立ち上げた雪上車5台に2人ずつに別れて眠ります。私が宿泊する雪上車は「113号」。雪上車は断熱性も高く、エンジンを切っても車内はしばらくはポカポカです。寝る前に一日の出来事を記録しようと、助手席のテーブルでパソコンを開きました。

161223-03.jpg

ふとパソコンから視線を上げると、車窓の向こうには見渡す限りの雪原が。深夜の低い太陽が雪面を赤く照らしていて、とても幻想的な風景になっていました。初めて見る風景にとても感動した瞬間です。しばらく手を止めて眺めていました。

慣れない作業で疲れもMAXです。もうクタクタで眠気が襲って来ましたので、そろそろ寝床に入るとします。

161223-04.jpg雪上車には2人分のベッド(というより棚)があり、布団も搭載してあります。この布団、サイズが通常のものより長く、身長178cmの私が布団に深く潜り込んでも足が出ることがありません。そしてフカフカで、凄いボリューム。布団に入ると、その心地良さと一日の疲れであっという間に深い眠りに落ちてしまいました。

エントリー

バックナンバー

2016年12月

  •  

  •  

  •  

  •  

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

  • 21

  • 22

  • 23

  • 24

  • 25

  • 26

  • 27

  • 28

  • 29

  • 30

  • 31