信子かあさんのちょっとひといき

top

日記一覧

in_190215.png in_190208.png in_190201.png

in_190125.png in_190118.png in_190111.png in_190101.png in_181231.png

in_181214.png in_181207.pngin_181130.png in_181116.png in_181109.png

in_181102.png in_180924.png in_181010.png in_180924.png in_180907.png

in_180904.png in_180824.png in_180817.png in_180810.png in_180803.png

in_180727.png in_180713.png in_180706.png in_180629.png in_180622.png

in_180615.png in_180608.png in_180601.png in_180518.png in_180511.png

in_180427.png in_180420.png in_180413.png in_180406.png in_180329.png

in_180323.png in_180316.png in_180309.pngin_180302.png in_180223.png

in_180216.png in_180209.png in_180202.png in_180126.png in_180119.png

in_180112.png in_180105.png in_171228.png in_171215.png in_171208.png

in_171201.png in_171124.png in_171110.png in_171103.png in_171030.png

in_171020.png in_171006.png in_170929.png in_170922.png in_170913.png

vol.63「おふくろの味」

2019年2月15日更新

63_190215.jpg

先日、テレビ のバラエティ番組で、

"新商品開発のための試食"ということで、男性にABC 3種のハンバーグを食べて美味しさの順位をつけてもらう、というコーナーがありました。

その3種、男性には知らされていませんが、実は、

Aはスーパーで買ったハンバーグ

Bは男性のお母さんが作ったハンバーグ

Cは男性の奥さんが作ったハンバーグ

別室には男性のお母さんと奥さんがいて、男性の様子を うかがっています。


テレビの前で夫と娘は声を揃えて「これはBを選ぶね!」と断言。わたしもそう思いました。

結果、男性が選んだのは、わたしたちの予想通りB。

「おふくろの味、強いですね!」と、MCが笑っています。


その結果を受け、わたし達3人は大いに盛り上がりました。

娘の意見はこうです。

「そりゃ、ね。無理ないよ。だって、お母さんの料理を食べてた期間の方が長いんだもん」


「そうよ、そうよ!」と同意すると、夫が口を挟みました。

「まあ、長さというより、子どもの頃に覚えた味だからね、それが嗜好を決める、というか、好きな味になるよね」


「そう言われたらやる気なくなるぅ!もし、お母さんの料理の方がいいなんて言われたら、わたし、もう作らない!」と娘。


「そうよ、そうよ!」とまた同意したいところですが、妻の立場でありつつ、今は母親の立場でもあるわたしは、ここでちょっと考えました。


もしも... 結婚した息子達が 同じバラエティ番組に出演して、お嫁さんのではなくわたしのハンバーグを選んでくれたとしたら... ふふ ♡ それは ちょっと嬉しいかも... なぁんてね!


でも、現実はきっと、軍配はお嫁さんに上がることでしょう。

結婚した息子達はそれぞれに お料理上手なお嫁さんの手料理を絶賛していますから。

それでいいのだ!! と思います。

そうじゃなきゃだめだ!!と思います。


そもそも、奥さんとお母さんの料理を比べること自体が酷な話、というか、野暮な話です。

だって、かけた愛情はどちらも同じ。

愛する子どものため、愛する夫のため、心を込めて作るのですから。

ここは、双方の思いをくんで、"両方美味しい~♪ " で、一件落着にして欲しいものです。(๑>◡<๑)


さて、

わたしの役目のひとつは、家族に料理を提供することですが、それは、子どもたちが結婚するその日まで続きます。

結婚と同時にその役割はお嫁さんにパス。わたしは晴れて勇退です!(^ν^)


その日まで、わたしはせっせとわたしの役目を果たしましょう。


というわけで、

今日のおふくろの味は みんな大好きチキン南蛮です(^ν^) ♪

vol.62「遅すぎることはない」

2019年2月8日更新

62_190208.jpg

音楽を、聞くだけでなく自分で奏でたい、と思って、ささやかなトライをしてみたのだけれど...


ギターはコードをいくつか押さえられるくらい。

オカリナは音階が吹ける程度。

口笛は1オクターブ半しか出ないし、

ハンドフルートはやっと音が出るだけ。


ふうっ。


新しく何かを始めるって、難しい。

できるようになるための努力も、大変。(๑>◡<๑)


じゃ、昔やってたピアノはどう?


...と、ピアノの前に座ってみる。


う~ん... 中途半端でやめちゃったものだけど... やっぱりこれが一番マシかなあ...


そこで、おばさんは考える。


若い時にやってたことって、ずっと残っているんだなぁ...。


テレビのフランス語や韓国語やドイツ語講座を見ても ちんぷんかんぷんだけど、

中高生で学んだ英語だと、なんか、やれそうな気がしてくるし... ね。(๑>◡<๑)


だから、

若者の皆さん!

若い日に 頑張ったらいいよ!

吸収力が強くて柔軟な その若い頭で、ほんとにいっぱい学んだらいい!やってみたらいいよ!

その努力はきっと無駄にならないから!


おばさんは、心の底からそう思う!!


とは言っても、

おばさん、諦めているわけではないの。


『やりたいことを始めるのに遅すぎるということはない。「始めるのには遅すぎた」と諦めてしまったら、今からでも十分に得られるであろう楽しみを、すべて放棄してしまうことになるからだ』

という誰かの名言もあるしね!


いくつになっても 向上できるはず!

始めることにも、再開することにも、遅すぎることはない!


というわけで、


もう2月になったけど、

お正月に決めかねた目標の残りを模索しつつ、おばさんは希望に燃えています。(๑・̑◡・̑๑)

vol. 61「指輪の似合う歳」

2019年2月1日更新

61_190201.jpg

お正月に母から指輪をもらいました。

ルビーの入った金の指輪。以前母がつけていたものです。

ありがとう、と受け取ったものの、少々古いデザインで、ちょっと派手。わたしはもっとシンプルなものが好きなんだけどなぁ...

「はめてごらん」と母に促され、指に はめてみると、「あら、よかたい。よかよか!(いいじゃない。いい いい!)」と母が目を細めます。


わたしは目の前に手をかざしてみました。... あれ?意外と似合ってる??


色白でスベスベで、シミひとつない綺麗な手は遠い昔のこと。今のわたしの手は色黒でシワシワでシミだらけ。

でも、そんな指に、母の指輪はなんだかしっくりフィットして、自分でも驚いたくらいです。なんでだろ???


その時 ふと思いました。

この指輪が似合う歳になったのかな...と。


若い綺麗な指には、シンプルな指輪で十分でした。

でも、年を重ねた指に、少しのルビーは輝きを添え、じっと見ていると、それはまるで、頑張ってきたことへのねぎらいのようにも感じるのです。


「信子ちゃん、似合う、似合う!」と母。

「じゃ、これから毎日はめとくね!」とわたし。


以来、その指輪はわたしの左の薬指で毎日優しく輝いています。


ありがとう お母さん ♡

エントリー

バックナンバー