信子かあさんのちょっとひといき

top

vol.38「幽体離脱の勧め」

2018年6月29日更新

38_180629.jpg

先日、講演会の後で、若いお母さんから相談を受けました。「自分が好きになれません」と。

子育て真っ最中の そのお母さんは、できていないことがいっぱいあるのだそうです。

自分はダメだなあと自分に失望し、自分を責めて、自分をどんどん嫌いになる...と。

聞いていて胸がキュッとなったのは、昔、わたしもそうだったなあ、と、思い出したからです。

わたしは、そのお母さんに言いました。

「今の話。もし友達が同じことをあなたに相談してきたら、きっと、『大丈夫だよ!』と声をかけるでしょ?友達にだったら、励ましたり、良いところを引き出してあげたりできるよね。でも、自分にはできない。自分にはとことん厳しくなる... でも、それじゃあ自分がかわいそうだよ。... 幽体離脱してみたらどうかな?」

えっ?!と驚かれましたが、これ、実はけっこう本気のアドバイスです。


と言っても、本当に幽体離脱するわけではもちろんありません。

双子のお笑い芸人「ザ・たっち」のお二人のパクリです。(๑>◡<๑)


実際にやってみて、良かったので、紹介しますね。


やり方はこうです。

ベッドに横になって、イメージしてみるんです。横になっているわたしから、「幽体離脱~」と言いながら、もう1人のわたしが出て行くところ。


わたしはそのわたしを、"信子さん"と名付けました。

出て行った"信子さん"は、空中から、ベッドのわたしを、客観的に見ています。

ベッドにいるのは"のぶちゃん"です。


信子さんは、「わたしはあれもできてない。これもダメ」と弱音を吐く"のぶちゃん"に向かって言います。

「あら、のぶちゃん、あなたは頑張ってるわよ。いろいろあるけど、精一杯やってると思うよ」

それでも自分を責め続ける"のぶちゃん"に、"信子さん"は忍耐強く耳を傾け、にっこり笑って励まします。

「そんなに責めなくていいんじゃない?

みんな同じよ、完璧じゃないもの。大丈夫!のぶちゃんは、頑張ってる!わたし、知ってるよ!」と。


ちょっと変な人、と思われそうですが、わたしは、そんなイメージを、何回も繰り返しました。

わたしから抜け出したわたしは、わたしの友達です。

誰よりもわたしの弱さを知っていて、でも、誰よりもわたしの頑張りも見ています。

わたしはわたしの親友で、だから、決して親友を見捨てたりしないのです。

「頑張れのぶちゃん!」と、鏡の中のわたしに向かって、信子さんが声をかけます。

そして、「やったね!頑張ったね!」と、わたしがわたしを励ますのです。


自分を好きになる、自分を認める、

頭の中ではわかっていてもなかなかできなかったことを、幽体離脱が助けてくれた気がします。


わたしは、わたしという親友を得ました。

ありがとう!ザ・たっち!!


というわけで、

やってみませんか? "なんちゃって幽体離脱" 。(^∇^)笑

vol.37「キュート♡」

2018年6月22日更新

37_180622.jpg

えっ!!50歳?! 今年51歳?!!

奇跡だと思う!この可憐さ!


朝のドラマで、愛らしい主婦 "わこさん"を演じている原田知世さん。

本当になんて可愛い人なんだろ!!

憧れます。


ひるがえって、このわたし。

自分では全然そういうつもりはないのだけれど、"ぶりっ子"っぽいかなぁ...


息子の一人が「お母さんは、全然ぶりっ子じゃないよ。ぶってないもん。それが、地、というか、素、というか。だからタチが悪い」と、笑っています。


...


え?


わたし、ディスられてます、よね??

はぁ...。


立ち居振る舞いが大人気ない。年甲斐もない。

ということかしら???


......

ため息混じりに、改めてテレビを見れば、原田知世さんが、正真正銘の愛らしい笑顔を見せています。

素敵っ!


「わたし、原田知世さんになる!」と思わず叫んだら、夫が「のぶちゃんならなれるよ!」と、力強い一言。


「じゃ、原田知世さんになるから、あんな服買って!」と、画面を指差すと、夫は、「のぶちゃんは、今のままで可愛いよ!」と言って、そそくさと立ち去りました。


もう!


それって、

ただ、服を買いたくないだけでしょ!

(๑>◡<๑)

vol.36「シンデレラのドレス」

2018年6月15日更新

36_180615.jpg

わっ!

手渡された箱を開けたら、ピンクと白の服!


うわわっ!

取り出してみたら、服、というより

これはもうドレス!


ちょ、ちょ、ちょっと ...

えぇ....と、

いくらなんでも... 派手じゃない?


サイズは?

LL ...。

う~ん...

表示より小さめの服って多いし、

わたし、最近太ったし...


でも、一応、着るだけ着てみるか。


ちょっと待っててね、と隣の部屋へ。


うおっ!

入った!!!


うひょ

か、可愛いっ

お姫様みたい!

そこで、わたしは、

リビングで待つ娘たちに向かって大きな声で言った。

「ねえ、見て、見て、見ててよーーーっ!!」


そして、ドレス姿で、

勢いよく3人の前に飛び出した。


「ジャーーーン!! シンデレラでーーっす!!!」


......

という

なんともリアルでハッピーな夢♪


目が覚めて、思わす布団の中で笑っちゃった。

あ、違いますよ!

決してプレゼントを催促しているのではありません。

オバさんでも こんな楽しい夢を見る!!

今回は、そんな話。(๑>◡<๑)

vol.35「聞こえてない?」

2018年6月8日更新

35_180608.jpg

ちゃんと言ったよ!と言っても、聞いてないと言い張る母。


もう!

あんなに念を押したじゃない。

わかったって言ったでしょ?


と、腹を立てながら、いやいや、高齢なんだもの。忘れても仕方ない...と思い返す。そんな日々。


でも、最近やっとわかりました。

母は、聞こえていないのだと。


耳が遠くなった、と、本人も言っていましたが、本当に聞こえていないのです。

聞こえていないのに、適当に相槌を打ち、はいはい、わかった、と言うのです。


補聴器がいるか、と尋ねてみると、

「そがんとはいらん!(そんなのは いらない!)」と怒り出す母。


でも 今のままじゃ不便でしょ、ということで耳鼻科を受診。

極端に聞こえていないわけではなく、86歳という年齢相応とのことでした。


「だけん、よかて言うたたい!(だからいいって言ったでしょ!)聞こゆっときにゃ聞こゆっとだけん(聞こえるときには聞こえるんだから)」と、したり顔の母。

仕方ない。おばあちゃん、言い出したら聞かないからねぇ、頑固だから。

と、夫と話していたら、「なんて?(何ですって!)」と母が振り返りました。


ほんとだ!聞こえてる!(๑>◡<๑)

vol.34「やってまった!」

2018年6月1日更新

34_180601.jpg

朝ドラにハマっているわたしの最近の流行語「やってまった!」


でも、昨日は本当にやらかしてしまいました。

穴があったら入りたい...


もともと捨てるつもりだったのです。

洗濯しても取れないシミが、目立つところに何箇所もあるし、何より小さい。

というか、わたしが太ったのですが、丈も短いので、着れば動きが取れないほどピッチピチで、なんならおヘソが出そうな勢い。

(あ、これ、Tシャツの話です)


じゃ、どうして捨てないか、というと、襟元が可愛くて、その上にスモックみたいなのを着ればイケる!と思ったからです。

実際、いつもはそのようにして着ていました。


が!

昨日、あまりにも暑かったので、家の中でスモックを脱いでいたことをうっかり忘れ、そのTシャツ姿で、コンビニに行ってしまったのです。


気づいたのは、買い物を終え、車に乗ったその瞬間。


ああああああああああっっ!!

やってまった~!!!


顔から火が噴き出しそうでした。


なんという姿。

これではまるでお笑い芸人。

ゆりやんレトリィバァさん。

いえ、ガンバレルーヤのよしこさんです。


どうしましょ。


わたしったら、こんな姿で、商品を選び、レジに並んでいたのです。


いやだあああああああああ

家に帰り、かなり凹んでいたら、息子が帰ってきたので、事の詳細を話したところ、

「あのさ」と、口を開いた息子は、

「全然気にする事ないよ。実際、誰も見てないと思うよ。おばさんの服になんて、正直、誰も関心ないと思うよ」と冷静な分析。


そ、そう?...そうかな?...そうですか?


でも...

あああああ あ...

やっぱり思い返すと恥ずかしい。


誰も気に留めていなくても、おばさんにだって恥じらいはあるのです。


断捨離しよう、このTシャツ。

(๑>◡<๑)

エントリー

バックナンバー