信子かあさんのちょっとひといき

top

vol.26「みかちゃん、もっちゃん、ありがとう!!」

2018年3月29日更新

26_180329.jpg

『みかちゃん、もっちゃん、卒業!テレビタミンが放送終了!』というニュースに、本当に驚きました!!


熊本の夕方と言えば「テレビタミン」。くまもと県民テレビで21年間続いた番組です。

そして、番組放送開始からずっと「テレビタミン」の顔として熊本県民に愛され続けてきた司会者が、みかちゃんともっちゃんです。


始まりがあればいつか終わりがあるのは当たり前のことだけれど、とうとうその時がやって来ました。

今日、3月29日が テレビタミン 一区切りの日です。


振り返れば、わたしたち家族と「テレビタミン」のお付き合いは、末っ子不動が生まれる前、我が家が まだ六男三女だった頃にさかのぼります。

熊本の大家族として番組内で初めて取り上げていただいて以来、妊娠、出産、子どもたちの入園、入学、卒園、卒業、運動会、発表会、子どもたちの日、クリスマス、誕生会、節分、お正月、旅行、火災、再建、子どもたちの結婚、孫たちの誕生...などなどなど、これまで本当に様々な場面を紹介していただきました。「テレビタミン」の歩みと共にわたしたち家族の歩みもあります。だからわたしたちは、気持ちの上では すっかり "テレビタファミリー" の一員でした。(^ν^)


わたしたち家族が、"熊本の大家族岸さん一家"として地域の皆さんに可愛がっていただいたのは、取材してくださるスタッフの皆さんが、いつも暖かい眼差しでわたしたちを紹介してくださったからです。

そして、みかちゃん、もっちゃんが、どんな時も暖かいコメントを添えてくださったおかげです。

わたしがこうして、信子母さんとしてエッセイを書かせていただけているのも、テレビタミンのご縁からです。


思い出がありすぎて、名残はつきませんが、最後に お礼を言わせてください。


みかちゃん、もっちゃん、これまで本当に本当にありがとうございました!!


みかちゃんの新しい旅立ちに心からエールを送ります。

そして、もっちゃんの、さらなるご活躍を心からお祈りしています。


どうぞこれからもお元気で!!

vol.25「他人の日」

2018年3月23日更新

25_180323.jpg

旦那さんの仕事の関係で、長女家族と次女家族は、今 熊本に住んでいます。

わりと我が家に近いものですから、娘たちは、 孫たちを引き連れて 実家にちょこちょこ顔を出します。


そんなある日、「今日は遊びに来るの?」と、娘に電話すると、

「今日は他人の日だから来ないよ」と素っ気ない返事。

「あ、そうか。今日は土曜日、他人の日ね」とわたし。


他人の日?

なにそれ?と思われるかもしれませんが、これは、娘たちの旦那さんがお休みの日のことです。

旦那さんが お休みで家にいる日は家族で過ごす!それが娘たちのルール。実家になんて行きません。


結婚したからと言って、娘たちとの縁が切れてしまったわけではありませんし、わたしにとって娘たちは いつまでも大切な子ども。かけがえのない家族です。

でも、結婚した娘たちには それぞれに新しい家族ができて、それこそが娘たちの今の家族ですから、それを最優先してくれるのは とてもいいことだと思っています。

だから、平日は親子でも、「他人の日」になれば、あっさり他人になるのです。


というわけで、「他人の日」システムは、嫁いだ娘たちと実家との間に、いい感じの距離感を醸し出してくれているように思います。

(๑˃̵ᴗ˂̵)


それに、孫たちが来ない「他人の日」は、わたしにとって嬉しい日でもあったりします。

わたしだって、夫が家にいるときは、夫とゆっくり過ごしたいですもの。娘や孫たちと遊んでる暇などないのです! 笑

...


とは言うものの...

この「他人の日」を寂しがっている人物が一名。


「なあんだ、今日は 花ちゃんたち 来ないのか....」と夫がつぶやいています。


もう!英治さん!

わたしがいるでしょ!


ヤバい...

わたし、孫に負けてる ...? (๑>◡<๑)

vol.24「本日のアクティビティ」

2018年3月16日更新

24_180316.jpg

孫たちが遊びに来た後は、度々 驚くことが起こります。

娘のバッグからスプーン。息子の机にぬいぐるみの いちごちゃん。階段に爪切りと体温計。こたつの中にお皿。わたしたち夫婦のベッドに仮面ライダーベルト。... と、思いがけないところから思いがけないものが出てきたりするのです。


でも、今回は、白い壁にクレヨンで落書き。あちゃあ

ここは お母さんから ちゃんと注意してもらわないとね!


というわけで、麗花がお説教。

神妙に耳を傾けた たっくんと花ちゃんは、「ばぁば、ごめんなさい!」と謝りに来ました。


さらに、「落書きを綺麗に消すまで、今日は遊んではいけません!」と お母さんからペナルティを科された2人、早速雑巾片手に壁の落書きを消し始めました。


ゴシゴシ ゴシゴシ

ゴシゴシ ゴシゴシ


あはは

あははは


あれ?

笑い声が聞こえてきます。


のぞいてみると、孫たちは実に楽しそうに落書きを消していました。


与えられた罰は、まるで本日のアクティビティ(活動)! 笑


どんなことだって楽しめる。

子どもたちはやっぱり、いつでも遊びの天才だ! (๑>◡<๑)

vol.23「前へ!」

2018年3月9日更新

23_180309.jpg

雑誌「エンサイン」に「もしも子育てをやり直せるなら絶対にしないことは?」というアンケートの結果が載っていたそうです。

⚫不機嫌にならない

⚫怒鳴らない

⚫叩かない

⚫無理強いしない


では「もしも子育てをやり直せるなら必ずしたいことは?」には、こんな回答が寄せられていたそうです。


⚪一緒に過ごす

⚪テレビを消す。

⚪抱きしめて愛してると伝える

⚪模範を示す

⚪失敗したら認め許しを求める

⚪家庭の夕べをする

⚪子どもと個人的に話す時間を持つ

⚪家族みんなで話し合う時間を持つ

なるほどね。


わたし自身の子育てを振り返ってみても、心痛む失敗があります。

_| ̄|○


でも、だからといって わたしは、当時のわたしを責めようとは思いません。

その頃のわたしは、今より未熟で、今より知識がなくて、今より足りないところが沢山あったと思うけれど、でも、その時のわたしはその時なりに 一生懸命だったと思うので...。


時間を逆戻しには出来ません。

気づいた時が始まりの時!

そう思って、軌道修正しながらこれまでやって来ました。

これからもそうします。


失敗も無駄ではないはず。いえ、無駄にしないようにする。するしかないのです。


過去の失敗を教訓にして、踏み台にして、前へ! ٩( 'ー' )و

前へ!!\\\٩(๑・̑◡・̑๑)۶////

vol.22「チャチャっとシャンプー」

2018年3月2日更新

22_180302.jpg

わたしの朝の始まりは、

洗面台でチャチャっとシャンプー。


独身の頃から そうだった。


学校に行く前、

仕事に行く前、

お化粧はしなくても

シャンプーだけは欠かさない。

いい香りで始まる朝が

とっても大好きだったから。


結婚してからも

ずっと続いた朝の習慣。


子育ての真っ最中には

できない日もあったけど、


お母さん!

と前から子どもたちが駆け寄ってきた時、

ギュッ

と後ろから夫が抱きしめてくれた時、

フワッ

といい香りのするわたしでいたくって、

チャチャっと髪を洗ってた。


今もそう。


子どもたちはもう駆け寄ってこないけど、

後ろから抱き寄せる夫がいる。


だからやっぱり、

わたしの朝の始まりは、

洗面台でチャチャっとシャンプー。


どう? 英治さん、

わたしはフワッといい香り?

エントリー

バックナンバー