信子かあさんのちょっとひといき

top

vol.25「他人の日」

2018年3月23日更新

25_180323.jpg

旦那さんの仕事の関係で、長女家族と次女家族は、今 熊本に住んでいます。

わりと我が家に近いものですから、娘たちは、 孫たちを引き連れて 実家にちょこちょこ顔を出します。


そんなある日、「今日は遊びに来るの?」と、娘に電話すると、

「今日は他人の日だから来ないよ」と素っ気ない返事。

「あ、そうか。今日は土曜日、他人の日ね」とわたし。


他人の日?

なにそれ?と思われるかもしれませんが、これは、娘たちの旦那さんがお休みの日のことです。

旦那さんが お休みで家にいる日は家族で過ごす!それが娘たちのルール。実家になんて行きません。


結婚したからと言って、娘たちとの縁が切れてしまったわけではありませんし、わたしにとって娘たちは いつまでも大切な子ども。かけがえのない家族です。

でも、結婚した娘たちには それぞれに新しい家族ができて、それこそが娘たちの今の家族ですから、それを最優先してくれるのは とてもいいことだと思っています。

だから、平日は親子でも、「他人の日」になれば、あっさり他人になるのです。


というわけで、「他人の日」システムは、嫁いだ娘たちと実家との間に、いい感じの距離感を醸し出してくれているように思います。

(๑˃̵ᴗ˂̵)


それに、孫たちが来ない「他人の日」は、わたしにとって嬉しい日でもあったりします。

わたしだって、夫が家にいるときは、夫とゆっくり過ごしたいですもの。娘や孫たちと遊んでる暇などないのです! 笑

...


とは言うものの...

この「他人の日」を寂しがっている人物が一名。


「なあんだ、今日は 花ちゃんたち 来ないのか....」と夫がつぶやいています。


もう!英治さん!

わたしがいるでしょ!


ヤバい...

わたし、孫に負けてる ...? (๑>◡<๑)

エントリー

バックナンバー