信子かあさんのちょっとひといき

top

Vol.19「恋せよ、乙女」

2018年2月9日更新

19_180209.jpg

「価値観って、一人一人違わない?」と娘。


「そうね。育った場所も時代も環境も経験も、友達も家族も性格も好みも 一人一人違うんだもの。価値観が違うのは当たり前のことだよね」とわたし。


「でも、違うことは悪いことじゃないでしょ?」と娘。


「うん。違うからこそ楽しいし、違うからこそ刺激を受ける。違うからこそ学べるし、違うからこそ忍耐も必要で、違うからこそ成長できる!違いを認めるのは大切と思うよ。とは言っても、価値観が一緒の人がいれば、同じことで感動して、思いを分かち合えるから、すごく嬉しいけどね」


「お父さんとお母さんは?」


「わたしと英治さんは、違うとこもいっぱいあるけど、大切にしてることは同じだから、共感し合えるよ。それが何より嬉しいし、楽しいことかな」


「ふうん」


「だから、やっぱり、価値観が同じ、というか、価値観が近い人と結婚した方がいいと思うよ!」


「でも、どうやったら価値観が近いってわかるの?」


「デート!」


「デート?」


「うん! 店に服を買いに行って、ハンガーにかかってる服を見て、あ、これいいな!と思っても、試着してみたらそうでもなかったり、逆に、パッとしないなぁと思っても、着てみたらすごく着心地が良くてよく似合う、ってこともあるでしょ。自分に合う服、自分を魅力的に見せる服が きっとあると思うんだよね。見てるだけじゃなくて着てみることが大切だと思う。それがデートだと思うよ」


「そうねぇ」


「いろんな人といっぱいデートしてみたらいいよ!」


「そうだね」


⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️


...


こんな会話が弾んだ夜。


恋せよ、乙女 (๑>◡<๑)

エントリー

バックナンバー