信子かあさんのちょっとひといき

top

Vol.14「ひでくんの八朔」

2018年1月5日更新

14_180105.jpg

実家の庭にある八朔(はっさく)が たわわに実ったので、お正月休みに みんなで収穫をしました。

遊びに来ていた たっくん、花ちゃんも、楽しそうにお手伝い♪


実は、この八朔の木は、亡くなった父が、初孫(英智)誕生記念にと、初市で50センチほどの苗木を買って、庭に植えたものです。


英智は今年34歳。

小さかった苗木は 34年間でこんなに大きくなって、豊かに実を結んでいます。

そして、その実を今、娘のわたしや、孫や ひ孫たちが 揃って収穫しているのです。

父も喜んでいるかなぁ?


収穫した箱いっぱいの八朔をながめながら母が言いました。

「信子ちゃん、こるば ちっと北海道ん英智に送ってやろか?
(信子ちゃん、これを少し北海道の英智に送ってあげようか?)

こら、ひでくんの八朔だけんね
(これは、ひでくんの八朔だからね)

こがん ふとなったて、写真ば付けとくなら たまがるばい
(こんなに大きくなったと、写真を添えておけば びっくりするよ)

八朔も元気にしとるけん、英智も頑張らなんよーて、手紙ば書いてやってよ
(八朔も元気にしてるから、英智も頑張りなさいよーと、手紙を書いてあげてよ)」

そうね、お母さん、

英智と同い年のこの八朔、宅急便で少し送ろうね。

(^ν^)

エントリー

バックナンバー