ホームブログ > 信子かあさんのちょっとひといき

信子かあさんのちょっとひといき

top

Vol.9「わかるかな?」

2017年11月24日更新

09_171124.jpg

結婚した長女と次女が割と近くに住んでいるおかげで、頻繁に孫たちとの交流があります。

驚かされるのは、孫たちが言葉を覚えるその速さ。

そして笑わされるのは、覚える過程で孫たちが発する あどけない言葉の数々。

解読できず、お母さんたちの通訳が必要なこともしばしばあります。


むしあみとり→虫取網

たなげみ→玉ねぎ

ぎゅーむー→牛乳

せれんべぶん→セブンイレブン

さんた→サタン

めすやか→やすらか

ひさぶり→久しぶり

ひみちゅちゅき→秘密基地

はやしい→怪しい

さめぇー→寒い

かいぇー→かゆい

にゃんぼーろ→たまごボーロ

せーのーはーがい!→せーのーが、はい!(という掛け声)

そういえば、うちの子たちにもありましたっけ。


おかまや→岡山

がじゃいも→じゃがいも

まきどもし→巻き戻し

おそこらまんち→ お子様ランチ


などなどなど...

懐かしいなあ(๑>◡<๑)

こんな言葉を口にするのは、人生の中の 限られたほんのいっとき。


訂正するのがもったいなくて、今日も孫たちのおもしろ言葉を 楽しんでいる ばあばなのであります。笑

Vol.8「エール」

2017年11月10日更新

08_171110.jpg

長女の子ども・たっくんの入園に向けて、整理券を手に入れるため、願書受付の前日 幼稚園の横に並んでいた時のことです。

並ぶこと自体は全く苦にならず、むしろ、周りの人とおしゃべりしながら非日常を楽しんでいました。

でも、夕方になり、夜になると、さすがに外は冷えてきますし、少々疲れも出てきました。

その時、スポーツクラブの帰りなのか 揃いのユニフォームを着た小学3~4年生くらいの男の子数人が列の横を通りかかりました。

そのうちの一人が「何をしてるんですか?」と聞いてきたので「幼稚園に入るために並んでるんです」と答えると、不思議そうな顔をします。そこで、

「この幼稚園に入園したいと思ってる子どもたちが沢山いてね、明日、申し込むことになってるの。でも、全員は入れなくて、並んだ人から順番に入れてもらえるので、並んでるんです」と、説明しました。

「じゃ、夜もずっと並ぶんですか?」と尋ねるので、「はい、そうです」と答えると、その子は「朝までですか?」と言います。

笑いながら「そうです」と答えたら、その子は「がんばってください!」と言いました。

すると、一緒にいた子どもたちが次々に「がんばってください!」「がんばってください!」「がんばってください!」と言いながら、ぺこりと頭を下げて去って行きました。


思いがけないエールを受けて、並んでいるみんなに笑みが広がりました。

子どもたちの爽やかな挨拶、ちょっとした言葉かけが、くたびれたおばさんたちを元気にしてくれたのです。

さあ!もう一踏ん張り!! 笑


......


おかげで、募集定員内の整理券を 見事ゲットすることができました。


春からたっくんは幼稚園です。

Vol.7「なるほどね!」

2017年11月3日更新

07_171103.jpg

またまた驚かされたことがあったので、前回に続いて たっくんネタをもうひとつ。


たっくんが うちに遊びに来ていた時のこと。

わたしの大切なライトを、たっくんは点けたり消したり、点けたり消したり、点けたり消したり...


わたしは見かねて声をかけました。

「たっくん、壊れちゃうでしょ。ライトで遊ばないで!」


すると たっくんが、振り返って言いました。

「あそんでるんじゃないよ。けんきゅうしてるんだよ!」


...


文句でもなく、言い訳でもなく、開き直りでもなく、実に素直なたっくんに、一瞬返す言葉を失いました。


研究...

そ、そうか、

研究... なのね。


...


子どもたちのいたずらは、いたずらじゃなくて研究なんだ、と、改めて教えられた気がしました。

深いぞ! 子育て。

Vol.6「子どもたちの目線」

2017年10月30日更新

06_171027.jpg

長女から聞いた話です。


息子のたっくん(3歳)が、自分が生まれたばかりの頃の写真を見て声をあげました。

「えーっ!たっくん、こんなに ちいさかったのぉ?」


写真を覗き込んだたっくんは続けます。

「こんなにちいさいなら、なんにもできないじゃん!」


娘は、たっくんに向かって言いました。

「そうだよ。たっくんは1人でご飯も食べられないし、1人でトイレもできないし、1人でネンネもできなかったから、ずーっとお母さんが抱っこしてたんだよ」


すると、たっくんは驚いた顔で言いました。

「えーっ!それじゃあ、おかあさんは、ねれないじゃん!」


娘は、よし!ここは、お母さんの大変さをしっかり伝えておこうと、力を込めて言いました。

「そうだよぉ!お母さんはたっくんが赤ちゃんだった頃は、ぜーんぜん寝れなかったんだよぉ!」


すると、たっくんは、なるほど!とばかりに言い放ったそうです。

「そうか!だから いまは、いつもねてるんだね!」


......


大爆笑してしまいました。


子どもたちの目線はいつも可愛くて、ちょっとするどいです(๑>◡<๑)

Vol.5「大丈夫!」

2017年10月20日更新

05_171020.jpg

わからないことがあれば、即 グーグル先生に尋ねる子どもたち。

まあ、すぐに的確な答えを教えてくれるグーグル先生には、わたしもお世話になっていますけど。(๑>◡<๑)

でも、たまに思うのです。情報が多すぎない?...

インターネットに無縁だったわたしの子育て時代、わからないことがあれば、わたしはすぐに育児書を開きました。当時、親のアドバイスより育児書に信頼を置いていたのは、今振り返れば、親の考えは古いと思っていたから、だと思います。(今の若い子も同じかな?笑)

でも、子どもたちを産み育てていくうちに、そんなわたしの考え方は次第に変わっていきました。

こんな時はどうすればいい?こんな時は?と、何冊もの育児書を読みあさっていたら、かえってわからなくなってしまったからです。さらに、書いてあることと現実との違いに自信もなくなっていきました。

その時に、ふと思ったのです。

昔の人たちは、いったいどうやって子育てしてたんだろう?...と。

子育てに関する情報は、今よりきっと、はるかに、もっとずっと少なかったはず。それでも、遠い昔の人たちは 立派に子どもを育ててる...

わたしは思いました。

もしかしたら、そんなにたくさんの情報なんて、なくてもいいのかもしれないな... と。

そして考えました。

神様が女性を"お母さん" にしてくださるのなら、神様は女性に"お母さん"という役割を果たすための能力を 授けてくださっているはずだ。

だって、聖典には、神様が人に何かを命じられるときには、それができるように必ず道を備えてくださる、と書いてあるもの。

だから、わたしは思ったのです。

できるよね!

神様が、わたしをお母さんにしてくださったんだもの。わたしがその責任を果たすための力を、与えてくださらないはずはない!

わたしは、自分の心の声に耳を傾けてみることにしました。

お母さんの心の中にはアンテナがあるんじゃないかと思います。子どもたちの必要をピピっと感知する不思議なアンテナが。その合図に心を向けると、それは、時にはグーグル先生よりも もっと正確で適切な導きになったりします。

わたしの子育て時代とは比べ物にならないくらい、もっと情報に溢れた現代。今のお母さんたちはどうなんだろう?

氾濫する情報の中で、混乱してはいないかな?自信をなくしてはいないかな?

うちの娘たちを含めた若いお母さんたちに伝えたいです。

大丈夫だよ!と。

だって、あなたの子どものお母さんとして選ばれたのは、世界中の他の誰でもなくて、"あなた" なんだもの。あなたの子どものためのアンテナを持っているのは、お母さんのあなたです。

だから、出来るよ!(๑・̑◡・̑๑)

"お母さん"であることに自信をなくさないでね。きっと大丈夫!

助けは必ずあるからね!

エントリー

バックナンバー