ホームブログ > 信子かあさんのちょっとひといき

信子かあさんのちょっとひといき

top

日記一覧

in_181214.png in_181207.pngin_181130.png in_181116.png in_181109.png

in_181102.png in_180924.png in_181010.png in_180924.png in_180907.png

in_180904.png in_180824.png in_180817.png in_180810.png in_180803.png

in_180727.png in_180713.png in_180706.png in_180629.png in_180622.png

in_180615.png in_180608.png in_180601.png in_180518.png in_180511.png

in_180427.png in_180420.png in_180413.png in_180406.png in_180329.png

in_180323.png in_180316.png in_180309.pngin_180302.png in_180223.png

in_180216.png in_180209.png in_180202.png in_180126.png in_180119.png

in_180112.png in_180105.png in_171228.png in_171215.png in_171208.png

in_171201.png in_171124.png in_171110.png in_171103.png in_171030.png

in_171020.png in_171006.png in_170929.png in_170922.png in_170913.png

vol.55「人間としゃべりたい!!」

2018年12月14日更新

55_181214.jpg

「のぶこちゃーーん!!」と大声の母。

なあに?と部屋に行くと、電話機の前で「いっちょんわからんとたい!(ちっともわからないのよ!)」と怒っています。

手には、宅急便の不在連絡票。


「どがんすっとだいろ、いっちょんわからん(どうするのか、ちっともわからない)」と、言うので、まず 不在票の番号に電話をかけて、と伝えると、

「どん番号かわからんもん!(どの番号かわからないもの!)」とイライラしています。


24時間受付の番号を伝えると、母はひとつひとつ復唱しながら丁寧にプッシュボタンを押しました。

「もしもし。もしもーし! なんね、こら、もしもーし!!」

受話器を片手に困惑している母。


あ、それ、自動音声よ、お母さん。

「なんて?もう、なんば言いよっとだいろいっちょんわからん!(なんですって?もう、何を言っているのかちっともわからない!!)」

怒り出した母は、「のぶこちゃん、代わって!」と、受話器を差し出しました。


えぇ...と、米印?

ピッ

郵便番号?

ピッ ポッ パッ ポッ

追跡番号?

ピッ ポッ パッ ポッ

希望時間帯?

ピッ ポッ パッ


はい、終わったよ、と言うと、母は「ああ、もう、ほんなこて!こがんた いっちょん好かん!(あぁ、もう、ほんとに!こんなのは大嫌い!)わたしゃ人間としゃべろごたる!(わたしは人間としゃべりたい!)」と言いました。


...実はわたしもよ、お母さん。


ガソリンを入れるときも、お買い物の後のレジも、ネットでのいろんな問い合わせも、無味乾燥な機械相手。

子どもたちのようにスムーズに操作出来なくて、四苦八苦するたびに思うのよ。

「ああ、人間! 生きた人間としゃべりたい!」って。


高齢化が叫ばれる昨今。

やっぱり人間は必要だよね!(๑>◡<๑)

vol.54「トイレの神様」

2018年12月7日更新

54_181207.jpg

「トイレの神様」という植村花菜さんの歌が流行ったのは、いつでしたっけ?


♪トイレにはそれはそれは綺麗な

女神様がいるんやで

だから毎日綺麗にしたら

女神様みたいにべっぴんさんに

なれるんやで♪

全国共通なのかしら?

わたしも子どもの頃に母から言われたことがあります。

さらに、妊娠中。毎日トイレを掃除したら、綺麗な女の子が生まれる、と言われ、せっせと掃除しましたっけ。

その甲斐あって、3人の娘たちは綺麗に... なったかな?(๑>◡<๑)笑


さて、

12月になったので、少しずつ家の中を片付けているのですが、一昨日はトイレを掃除しました。

最近おサボりが続いていたため、決して綺麗とは言えないトイレ...


よし!頑張るぞ!!


気合いを入れ、"トイレの神様" を口ずさみながら、壁と床を雑巾掛けし、便器をせっせと磨きました。


おお!


「床に正座して、食事できるくらい綺麗になったよー」と、息子に言ったら、「その例えはひどい」とドン引きされましたが、気分的にはそんな感じ

なんとも幸せな気持ちになります。

それにしても、

掃除をすると心の中まで片付く、というか、スッキリ綺麗になるのはどうしてでしょう???

トイレの神様が、

お喜びなのかしら???


......


というわたしはクリスチャン。


トイレにも もちろん飾りましたよ。クリスマスグッズ(^ν^)

トイレの神様のお気に召すかな? 笑

vol.53「2000円の幸せ」

2018年11月30日更新

53_181130.jpg

わたしは机が好き。

それも、か~な~り好き。

大好きです!!


いや、

机というより、机の周りのスペースが好きなのかな?


独身の頃はもちろん、結婚してからも、どんなに狭い家に住んでいた時も、自分の机だけは必ずありました。

自分の部屋はなくっても、机があれば、そこはわたしのスペース!

机の前に腰掛けると、とにかく落ち着くのです。


ここで、聖典を学んだり、日記を書いたり、レッスンの準備をしたり、考え事をしたり。


これまで机は何回か変えました。

リサイクルショップで安いものを買うので、(これまでの最安値は、驚きの100円!)引越しや模様替えの際、また、もっといい机が見つかった時などには、処分するからです。


前回、憧れのライティングビューローが手に入り これまで愛用していたのですが、結婚する娘が新居でそれを使ってくれると言うので、わたしはまた、新しい机を買うことにしました。

あちこちのリサイクルショップを物色していたところ、先日とってもいい机を発見!!

本の収納もたっぷりできるし、サイドテーブルも付いています。あまり痛んでもいないのに、なんと2000円!!

今までで一番気に入りました!

買い換えるたびに素敵になっていく。わらしべ長者の気分です。


この机でまた頑張るぞー!!(^∇^)

と喜んでいたら、「のぶちゃんの幸せは2000円で手に入るんだね」と、夫に笑われました。


2000円の幸せ?


ふふ。

そうよ!

この幸せは大きいのだ!!

(๑>◡<๑)

vol.52「10年日記」

2018年11月16日更新

52_181116.jpg

早いもので、もう11月も半ば。

書店には来年のカレンダーや手帳がズラリと並んでいます。


最後まで使った試しがないスケジュール帳。

どうせ途中でやめちゃうよね、無駄だよね、もったいないよね、と思いつつ、それでも手にとって眺めていると、やっぱりワクワクしてきます。

来年はどんなことがあるんだろ?

このまっさらなカレンダーが、どんな出来事で埋まっていくのかな? ワクワクが胸いっぱいに膨らんで、性懲りも無く、今年も買ってしまいました。(๑>◡<๑)


でも、手にはとったものの買わなかったのが日記帳。

日記は日記でも、10年日記です。

いいな、とは思ったのですが、ハタと考えたのです。

10年後。73歳。わたし、生きてる???

若い頃は、そんなこと考えもしませんでした。

10年後はおろか、20年後も30年後も、なんなら100年後も生きているような(笑)、生きているのが当たり前みたいな気持ちだった気がします。


それが、人生の折り返し地点をとうに過ぎた今、ふと立ち止まって考えるのです。やがて来るであろう終わりの日のことを。


暗くなっているわけではありませんし、将来を悲観しているわけでもありません。

ただ、終わりを見据えて今を生きなければいけないな、という気持ちになるのです。


でも、本当は、若い人だって同じこと。

病気や不慮の事故、災害。

明日何があるかは、実際のところ、誰にもわかりません。


だからこそ、与えられた今日をしっかり生きないとね!

よし!

やっぱり日記を買おう!

しっかり生きた足跡を残していこう!

わたし自身の覚えのために。


というわけで、

気になった日記帳。明日買いに行ってきます!(๑・̑◡・̑๑)

エントリー

バックナンバー